リスクと投資金額のバランスの取り方。

あっきんのトライオートETFの設定は?損切りしながら攻略を目指す。

あっきんのトライオートETFの設定は?損切りしながら攻略を目指す。

 

どうもあっきんです!

ここでは現在運用中のトライオートETFの設定何故そうしてるのか?を解説しています。

トライオートETFは株式にレバレッジをかけて投資する商品で、長期的には右肩上がりです。レンジ相場のFXとは違います。

イメージはこんな感じ 

 

 

この違いは意識しておかないとFXのリピート系自動売買と同じようにはいきません。

これがなかなか曲者!あっきんただいまトライオートETFを運用しながら攻略法を模索中です(笑)

 

トライオートETFを損切りを使って攻略できないか?

トライオートETFの攻略法

右肩上がり前提の相場ということはトライオートETFは安値で買わないと高値で売れませんね。でも常にピーンと一直線で上がる相場なんてありません。

どこかで急落することもあります。

そうなると高値で持ち続けることになり含み損を抱えたまま待っておくことになります。それも毎日のように引かれる金利に耐えながら・・・。

 

 

単純に考えて1日あたり引かれていく金利が-56円なら1ヶ月で-17,000円です。

もし急落しても持ち続ける前提なら買値まで戻ってくるまでに差益による含み損に耐えながらさらに毎日引かれる金利にイライラする必要があります。

そんなこともあって私は急落時にロスカットを回避するだけでなく、金利のボディーブローも避けるために損切りを選択してみました。

高値掴みの課題を図にしてみました 

 

損切り

 

この高値掴みという課題を攻略できないかと考えたのが現在のあっきん設定です。

 

あっきんのトライオートETFの現在の設定は?

トライオートETF再開時

6月から毎月12万を入金し推奨証拠金でナスダック100トリプルを買ってきました。

10/10に損切りをしたことで一度運用もリセットされました

 


トータルで10万のマイナスです。ここは反省ですね〜。もう少し損切りを早くしても良いかもしれません。

そして再開した時はこんなトライオートETFの設定にしています。

 

 

トライオートETFのライジングの売買イメージは以下のとおりです。

 

トライオートETFライジング


ライジングは、

・利幅の大きな注文(取引回数は少ないが大きく利幅を稼ぐ)

・利幅の小さな注文(小刻みに発注と決済をすることで利益を積み上げる)

2種類の異なる動きをする自動売買を組み合わせることで上昇局面をがっちり掴みに行きます。

参考:ETF自動売買セレクトに待望の新ロジック誕生!その名も「ライジング」【公式】


 

安値圏で仕掛けるのにピッタリなロジックなので今回はライジング1本に資金を集中させました。

また、今後の展開ですが、毎月12万ずつ運用資金を足してその都度買いポジションを増やす作戦は継続していきます。

ただ、高値圏に到達した後の対応は少し考えます。

情報はマメにツイッターでも更新していきますね!

質問があればLINE@質問箱などにお気軽にどうぞ

 

トライオートETF口座開設

 

トライオートETFの仕組みやこれまでの運用成績、デメリットはこちらにまとめています。

 【ブログで実績公開】毎月12万をトライオートETFでナスダックに!デメリットは?

 

正直なところ、同じ10万ちょっとならトライオートETFよりはトライオートFXをおすすめします。

 トライオートFXの口コミ。ランキング1位の豪ドル/NZドルが順調。

 

同じFXの自動売買でもリスクをコントロールしながら運用できるのがトラリピです。私はリスク・リターンのバランスを考えて使い分けています。

 【解説】トライオートFXの自動売買が進化!評判は?トラリピとの違いは?