【68日目】トライオートETFあっきんの設定と実績をブログで公開。ゾーン戦略で30万チャレンジ!

 

9/21から米国株ETFの右肩上がりの値動きを使って自動売買を始めました!

面白そうだから一緒に始めたい!という声も事前にたくさんいただいたので30万円のひろこ口座と300万円のあっきん口座を同時に稼働させました。

まだまだ始まったばかりですが、為替で運用しているトラリピと両輪で活躍してくれることを期待しています。

 

\今なら10,000円獲得のチャンスあり/
トライオートETF

 

動画で学ぶ。トライオートETF

時間がある人は75分ほどの動画をゆっくり視聴してみてください。少し再生速度を上げてもいいと思います!

目次の時間のところをクリックすると該当箇所にジャンプできます 

 

  • 00:38 トライオートETFってどんなサービス?
  • 03:27 TQQQ(ナスダック100トリプル)って何?
  • 12:33 あっきんが運用するゾーン戦略って何?
  • 14:26 ゾーン戦略の設定の考え方
  • 18:05 ゾーン戦略の注文方法
  • 32:41 5週間経過して時点での運用実績
  • 43:21 質問と回答

 

ブログでトライオートETFの実績公開!

ひろこ口座は1口で運用しているので1回あたりの利益は500円ちょっとです。あっきん口座は3口なので1回あたり1,500円ちょっとの利益です。

10月末に30万口座のほうは2万円を追加してトッピングリピートを実施しています。

 

【複利で増やす】トライオートETFでトッピングリピート!毎月の実施内容を図解。 【複利で増やす】トライオートETFでトッピングリピート!毎月の実施内容を図解。

 

10経過した11/27時点の運用実績を見てみましょう!

 

トライオートETFの運用実績

 

30万口座は30,878の利益、300万口座は約10倍の297,368の利益です。含み損もほぼない状態です。

時系列で見るとこのように推移しています 

 

週毎の運用実績

 

含み損が増えた後はしっかり利益も増えて含み損が減っているのがわかります。上げ下げの波を上手に取れていますね!

収支をグラフにするとこんな感じです 

 

グラフ

 

運用期間が長くなると累計利益が貯まっていくので評価損(含み損)を上回る状態が続いていくことでしょう。引き続き運用を見守りたいと思います!

ここからは設定から注文画面の解説まで順にしていきます 

 

なぜナスダック100トリプルを自動売買するのか?

わが家では米国企業の高い成長性の恩恵を受けるために積極的に米国株に投資をしています。

以下は投資状況です 

 

米国株ETFへの投資

 

3つとも毎月積立で買い増しを続けている現物取引です。タイミングをみて売ったり買ったりするものではありません。

これはこれで長期投資の王道なので淡々と続けていくのですが・・・

 

面白みがない💦

 

着実にお金が増えているので良いのですが、そこそこの投資経験を積んでくると投資に少し遊びシロを求めたくなります。

そんなニーズに答えてくれるのがトライオートETFです。こんな感じで売買を自動でしてくれます 

 

トライオートETFの仕組み

 

FX自動売買で有名なトラリピと似てますね!これを株式の値動きでやろうというのがトライオートETFです。

そしてあっきんがこれから運用していくのがナスダック100の3倍の値動きをするナスダック100トリプル(TQQQ)です。

 

TQQQの価格推移

 

大きな変動を繰り返しながら、長期的に見ると右肩上がりのチャートを形成しています。

1日の値動きが非常に大きいのでキャピタルゲイン(決済利益を積み上げる)を狙いやすい分、含み損が発生しやすいのが特徴です。

 

ナスダック100トリプル(TQQQ)とナスダック100(QQQ)の値動きの違いのイメージです 

 

TQQQとQQQの値動きの違い(簡易版)

 

1日の値動きが3倍違うのでこのような値動きをしていきます。ここ1年ほどの両者のチャートも比べてみましょう 

 

TQQQとQQQの値動きの違い

 

TQQQがやんちゃな値動きをすることがよくわかりますね(笑)

 

この特徴を踏まえ、運用していくのが鈴さん考案のヘッジャー無限ナンピン戦略を改良したゾーン戦略です。

目次に戻る

 

トライオートETFの設定「ゾーン戦略」とは?

わかりやすいように先に運用イメージを紹介します。以下のように買い注文を並べるゾーンを決めて自動売買していくやり方です 

 

ゾーン戦略のイメージ図

 

このプランは自動売買セレクトのビルダー機能を使って作成します(使い方は後半で解説)

常に稼働するゾーンは1つです。相場が上昇してゾーンを上に抜けた場合により高い位置に仕掛けているゾーンの自動売買を稼働させます。

 

また、ゾーンの下限値はどうやって決めたのかですが、ゾーン上限値から50%の下落を見込むことにしました。

過去6年のナスダック100トリプル(TQQQ)のチャートで見ると6回ほど暴落と呼ばれる相場が来ていますね 

 

TQQQ暴落の歴史

 

このデータからだいたい50%の下落を見込んでおけば機会損失が少なく売買を継続させられるのでは?という推測をしました。

もちろんロスカットは価格が0ドルにならない限りならないのでゾーンから下にはずれても資金を足さないといけないという心配はいりません。

 

【追記】TQQQが暴落したら?という不安は尽きないと思うので、こんなシミュレーションもしてみました 

 

【衝撃】レバレッジETFが大暴落!TQQQの価格がマイナスになる世界を想定してみた。 【衝撃】レバレッジETFが大暴落!TQQQの価格がマイナスになる世界を想定してみた。

 

ゾーン戦略に必要な資金と注文本数は?

みなさんそれぞれ運用資金が違うと思うので運用資金に見合った注文本数を求められるようにエクセル(スプレッドシート)を作成しました。

一般に公開しているものなのでみんなで見ている形になっています。ダウンロードかシートをコピーして使ってください。

トライオートETF運用プラン作成シートを開く。

 

例えば運用資金30万円で始めて70ドル〜140ドルのゾーンに仕掛ける場合は黄色のセルに以下のように入力します 

 

試算例1

 

計算結果の金額が30万円未満となるように注文本数を調整したところ、25本でしっくりきたので25本まで発注できることがわかりました。

そして出来上がった設定概要図がこちらです 

 

ひろこ口座の注文概要

 

運用を始めた9/21時点では120ドル付近で相場がウロウロしていたので140ドルまでのゾーンをカバーした注文だけ稼働させました。

その後、3週経過したところでゾーン①を上に抜けてきたので土曜日にゾーン①をOFFにしてゾーン②をONに切り替える作業をしました。

ゾーン②

 

よく聞かれるのですが、ゾーン①を全停止しても保有しているポジションの決済注文は残っています。

詳しい設定変更手順は下記ツイートのツリーを見てください 

 

 

トライオートETF注文手順(30万円の場合)

10/17に新しいビルダー機能が使えるようになったので注文画面を最新化したものを載せておきます。

今のTQQQのレートが145なので始めるならゾーン②(80〜160)がちょうどいいです。資金別の注文プランも参考までに載せておきます 

表

以下はパソコン画面で30万円プランでゾーン②の注文をだしたときのスクショです 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

 

注文画面でカウンター固定にチェックを入れているので忘れずに!

 

TQQQを運用していると下窓があくことがよくあります。このような状況です 

 

下窓があくとこうなる

 

こうなると何が問題かというと本来買いを保有してほしい価格でポジションを持たずに下で複数の買いが成立してしまいます。

そしてそれ以降の相場で買いの位置がズレてしまいます(上段の図)

 

カウンター固定ありなしの違い

 

そのような問題を解消するために注文時にカウンター固定にチャックを入れておくと一旦は下でズレて複数の買いが成立しても、それ以降の買いが正しい位置で成立します(下段の図)

 

 

トライオートETF注文画面まとめ

注文手順を確認したところで最終的にこんなプランを運用するのにこんな注文をしたよ!というのがわかるようにまとめておきます。

 

30万ひろこ口座

ひろこ口座の注文概要

30万円口座注文詳細

 

300万あっきん口座

300万口座の設定概要図

300万円プラン詳細

 

トラリピと2枚看板として収益をあげてくれることを期待しています。

これから始める人は10万円以上の入金&10口の新規注文成立で10,000円キャッシュバックというハードルが恐ろしく低いキャンペーンがあるのでお得に始められます✨

 

\新規口座開設はここから/
トライオートETF

 

繰り返しになりますが、ここで紹介しているやり方はビルダー機能を使っています。

 

質問と回答(随時追加)

注文本数を試算するためのシートはココからジャンプできます。

3つのゾーンで本数を調べてみました 

 

ゾーン戦略50万円プラン

 

価格が上がっていくとどんどん仕掛けられる注文本数が減るので利益が出にくくなります。なんだか先行きが思いやられますね。

でもTQQQは過去に上がり過ぎたので株式分割をして価格を160ドルから53ドルにした実績があります 

 

TQQQ株式分割の歴史

この実績からすると160ドルを超えてくるとまた株式分割をやるのでは?って思いますよね!そうなればめちゃくちゃ運用しやすくなります😄

 

 

30万プランを例にすると対応としては以下のプランが今のところ頭の中にあります 

 

レンジ下抜けの対応

 

追加資金を投入したくないという人は①で良いでしょう。余裕がある人は②か③のどちらかになるでしょう。

ひろこ口座ではどれを選ぶかはまだ決めていません。

 

 

目次に戻る

 

関連記事です。

トライオートETFが株式の右肩上がりの値動きで自動売買するのに対し、トラリピは為替のレンジ相場を利用して自動売買をしていきます。

 

【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。 【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。

 

10月末に30万口座のほうは2万円を追加してトッピングリピートを実施しています。詳しいやり方を解説しています。

 

【複利で増やす】トライオートETFでトッピングリピート!毎月の実施内容を図解。 【複利で増やす】トライオートETFでトッピングリピート!毎月の実施内容を図解。

 

あっきんはいろいろなものに分散して投資しています。毎週の運用実績はこの記事を更新しています。

 

【1分でわかる】11月第4週は+105,272円でした。あっきんの資産運用実績をブログで公開! 【1分でわかる】11月第4週は+105,272円でした。あっきんの資産運用実績をブログで公開!

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!返信めちゃ早いです(^o^)/

SNSのアカウントはココにまとめています。

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/