【実績公開140日目で終了】トライオートETFの新ロジック「カウンター」をアレンジ運用!

【実績公開】トライオートETFの新ロジック「カウンター」をアレンジ運用!

 

私がトライオートETFでこれまでに主にナスダック100トリプルのスリーカードやライジングを試してきましたが、やっぱり下がった時が辛い!これに尽きます💦

そこがもう少し改善されればやろうかな〜と研究熱心なインヴァスト証券に期待を持ちつつ待っていたんですね。

そしたら来ました!!!!!新ロジック!!

 

トライオートETFの新ロジック「カウンター」とは?

これまでもカウンターというロジックはあったのですが、より下がったところでも買いにいく設定にしたということです。

どれぐらい下がっても買うかを見える化したのが以下の図です 

 

nasdaqchart

 

2017年5月以降の値動きです。改良前のカウンターでは①の36%の下落では買っていったものの、②の56%もの下落では下まで買えなかったんです。

それがより下がったところまで買うように改良をしたことで対応できるロジックになったということです。

指値の本数は全部で20個とこれまでより多くなっています。

 

取引のイメージはこんな感じです 

 

トライオートETFカウンターのロジック

 

下がった時だけ買うというわけではなく、上がっても相場に追従してエントリーポイントを自動で切り上げてくれます。

※ちょっと心配だったのでヘルプデスクに電話して確認しました!

 

パフォーマンスも確認しておきましょう。以下のように一定の期間でのバックテスト結果を即座に確認することができます 

 

シミュレーション

 

最低金額での運用を考えた場合の推奨証拠金は82,845円でした。

そして2017年1月〜2019年6月まで運用したとすると利益は70,598円でした。最も含み損が出た2018年12月で49,370円という結果でした。

あっきんは疑い深い性格なので本当に12月の暴落相場で買ってくれたのか詳細な取引データをダウンロードしてチャートに価格を落としてみました 

 

カウンターは本当に買ってくれたのか?

 

確かにVの字の一番下まで買い注文が入っていますね(^o^)/

もしも、このカウンターでひろこも運用していたら・・・。南無阿弥陀仏。

実はひろこは最高値で始めてほとんど含み損を抱えただけの1年を過ごしたとても残念なタイミングでトライオートETFを始めた人だったんです 

 

 

始めた直後に数回決済が成立して利益7,121円を獲得したのち暴落してずっとチビチビ金利分を支払っていたということです。

推奨証拠金の2倍の資金を入れていたのでロスカットまではかなり余裕があったんですけどね。こういうのが無くなるというのは大きいですね。

新ロジックのカウンターだとひろこのようにただただ取引機会を逃し待つだけの状態ではなく積極的に暴落で買い集めて利益を拾ってくるんですからね!

 

ナスダック100トリプルはどのロジックを使う?

公式サイトによると上昇相場ではスリーカードやライジングが下落相場ではカウンターが良いとのことでした。

私はこれから自身が運用していくロジックはどうしようか?と考えたときに長い期間同じロジックだったらどうなっていたかを知りたくなりました。

そこで3つのロジックを並べてみました。運用期間は最大の2014年1月〜2019年6月で比較しています。

 

3つのロジックの違い

 

利益率が良いもの順に左から並べています。グラフの緑色が利益です。右2つは2018年後半の暴落相場で利益を出していません。

なのでグラフ右側がお山の先っちょを切られたような平らな形になっていますね。

ただし、真ん中のスリーカードでは期間を通じて綺麗に右肩上がりの相場に乗って利益を出しているようにも見えますね。

ちなみに同期間のナスダック100トリプルはこのような値動きをしています。

 

ナスダック100トリプルのチャート

 

このチャートを見るといかに2018年後半の下落が大きいものだったかがわかりますね!

これを踏まえて考えるべきことはもしも運用を始めたタイミングが最悪でひろこのように超高値掴みになったらどれだけ含み損が出るか?です。

3つのロジックで保有する口数も違うので運用期間中の最大含み損と推奨証拠基金との比率で比べてみました 

 

下落時の含み損

 

比べてみてわかったのですが一番右のライジングはほぼほぼ推奨証拠金と同額の含み損が出ていますね!

ちょっとこれは怖いので使わないことにしました。

こうして見ると長期で運用した場合の利益率が最も高く、暴落時の含み損も2番目に少ないカウンターが良さそうだと思いました。

インヴァスト証券も過去の反省を踏まえ、研究を重ね出してきたロジックなので有利なのは当然かもしれませんが(笑)

 

ただひとつ気になるのはやっぱり始めたタイミングでまたV字の暴落が来たら推奨証拠金の半分もの含み損を抱えるのはちょっと辛いということです。

できるなら下がったところから始めたいと思うんですよね!

そ・こ・で♡

こんな運用スキームを考えてみました。よりリスクを抑えて安全運用にしました。

 

カウンター運用イメージ

 

ジャジャ〜ん✨

まずは始めた時が高値付近かもしれないので警戒しつつ、1つだけカウンターを稼働させます。

そして下落がきました。目安として高値から30%下落したところで残しておいた資金でもうひとつのカウンターを稼働させます。

そこから下がってもカウンターは50%の下落まで買い続けるので機会損失はありません。

そしてまた高値まで戻ってきたところで2つ目に稼働したカウンターを止めます。ここからまた1つ目のカウンターだけの稼働になります。

これを繰り返すことで高値を更新している時にはカウンターが1つだけ稼働していて下落からの回復相場の時は2つのカウンターが稼働している状態を作りだします。

 

この2つのカウンターを併用する目的は下がったときに新規注文が成立しないという状況を極力作らないことです。

そして、上がっているときはパワーを半分に温存してのらりくらりと相場に追従していきます。

 

30%下がったところから右肩上がりで上がっていくかわからないのとさらに下がることも想定してよりディフェンシブに運用するためです。

これは好みの問題もあるのでスリーカードやライジングでも良いとは思います!

 

トライオートETFカウンターの注文方法

ということで、早速注文してみました!

6/20時点で最低金額で運用する場合は約8万円ですね。あっきんの場合は240万円の運用資金を予定しているのでまずは120万円分稼働させます。

 

※6/20に1年ほど運用を続けたFTSE100のポジションを全決済したのでそのお金をそのままトライオートETFに回します(^o^)/

 

 

注文手順はすごく簡単です!

自動売買セレクトから運用したいロジックを選択して、自分の運用資金に合わせて口数を変更していきます。

私の場合はナスダック100トリプルのカウンターを15口で推奨証拠金が約120万になるようにしました。

 

ナスダック100トリプルカウンター注文画面

 

この画面はPCで注文したものですが、スマホアプリからでも注文はできます(^o^)/

米国銘柄の取引時間は22:35~翌4:55なのでその時間になったらスマホに約定メールが届くと思います!

ここから一番高い買いポジションから30%下落した時に残り120万円分でカウンター2つ目を稼働させます!!

 

トライオートETFの運用実績

トライオートETFの運用実績

これからどのように値動きがあって利益や含み損がどう上下していくかをしっかりとお伝えしていきたいと思います!

 

1ヶ月後の運用実績(6/20〜7/19)

まだ開始から間もないですが開始ポイントと現状のポイントをチャートに落としてみました 

 

トライオートETFのチャート

 

1ヶ月経過した、7/19現在の口座状況、ポジション、取引履歴の画面をそのまま載せておきます 

 

トライオートETF口座状況

 

  • 運用資金:240万(注文は120万分)
  • 運用利益:46,823円
  • 評価損益:▲40,604円

 

2ヶ月後の運用実績(7/22〜8/23)

トライオートETFのチャート

 

相場が下がってきたので開始時点より下になりました。当然のことながら含み損は増えています。

8/23現在では以下のようなポジション状況になっています 

 

口座状況0823

 

  • 運用資金:240万(注文は120万分)
  • 運用利益:79,207円
  • 評価損益:▲300,534円
  • 口座維持率:861%

 

3ヶ月目の運用実績(8/26〜9/27)

トライオートETFのチャート

 

この1ヶ月では7,928円の利益でした。9/27現在では以下のようなポジション状況になっています 

 

口座状況0927

 

  • 運用資金:240万(注文は120万分)
  • 運用利益:87,135円
  • 評価損益:▲246,329円
  • 口座維持率:764%

 

4ヶ月目の運用実績(9/30〜10/25)

運用開始から4ヶ月目に突入しています。相場が開始時よりも高値に戻ってきましたね!もう少し上がると再び決済祭りに突入です!

 

トライオートETFのチャート

 

気になる決済履歴ですが、依然として高値でポジションを持っているので決済が成立していません。10/18時点の口座状況は以下のとおりです 

 

トライオートETF

 

  • 運用資金:240万(注文は120万分)
  • 運用利益:87,135円
  • 評価損益:▲47,834円
  • 口座維持率:720%

 

5ヶ月目の運用実績(10/28〜11/8)

トライオートETFのチャート

 

ナスダックが高値を更新している途中ではありますが11/8に運用をストップし、全ポジションを決済しました。最終的には138,855の利益でした!

 

トライオートETFの約定履歴

 

途中で運用を辞めたのは当初想定していたほど下がったときに買いポジションを持ってくれなかったので思ったほど利益が出なかったからです。

もう少し爆発的なパフォーマンスを期待していたのですが(笑)

運用していた6/20〜11/8までの約5ヶ月弱の資産推移も記録として残しておきます。

 

資産推移

 

120万円を原資に運用して最も下がったときの含み損が30万円(利益込みだと22万円)でした。

得た利益は13万円なので運用期間を考えると私が目安とする年間10%の年利で増やすという条件はクリアできました。

 

トライオートETF口座開設

 

インヴァスト証券ではトライオートFXの方でAmazonギフト券2,000円分がもらえるキャンペーンをやっているのでお見逃しなく!

 

トライオートFX
 

トライオートETFでは株式の値動きを利用して自動で売り買いをすることで利益を狙うものです。でも暴落が来ると含み損を抱えます。

あっきんは暴落に備えてVIX指数での運用を取り入れることで守備力を上げる準備を進めています。

 

【解説】VIX指数とは?暴落相場を利用して投資する。基本的なしくみ。

 

トライオートFXについて期間収益率が高い理由を読者さんから質問をいただいたので記事にて解説しました!

 

期間収益率150%超えのトライオートFXとは?メリット・デメリットを経験者あっきんが解説! 期間収益率150%超えのトライオートFXとは?メリット・デメリットを経験者あっきんが解説!

 

あっきんの運用は多岐にわたるので毎週ひとつのまとめ記事にてタイムリーな運用状況を発信しています!

 

【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開! 【週次報告】10月5週目。あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/