【ブログで公開】トライオートFX1,000万の設定と実績。強気な理由は?

【ブログで公開】トライオートFX1,000万の設定と実績。強気な理由は?

 

どうもあっきんです!

ついにこの記事で私がトライオートFXに1,000万入金して始める設定を公開します。

守備重視の私にしては強気な設定です!。

理由はこれから書きますが、この記事を読む前に以下のトライオートFXの特徴を解説した2つの記事を読んでください。

トライオートFXの特徴を知った上でこの設定にしているからです。

 

 

トライオートFXの設定を決める流れ。

トライオートFXの設定を決める流れ

 

レンジ相場になる通貨を選ぶ

トライオートFXの運用通貨を選ぶときに多くの人はランキングだけを見て決めます。

私も同じです。一番リターンが良い通貨ペアを選びたいです。で、出てきたのが豪ドル/NZドルです。

ここでランキング上位4通貨の値動きを見てみましょう(直近4年半のチャート)

 

チャートで比較

 

左上の豪ドル/NZドルが一番レンジが狭く上下に動く回数も多いですね。

ここを狙って密に注文を仕掛けると確かに利益が取れそうですね😁

これは過去にこのような動きをしていたという参考データです。では豪ドル/NZドルは今後もレンジ相場になるのでしょうか?

それはこの後で詳しく解説します。

 

推奨証拠金にどれだけ余裕を持たすのか?

豪ドル/NZドルの推奨証拠金はまとめるとこのようになっています。

 

 

つまり、104万で始めるとものすご〜く運が悪ければレンジ下端、もしくはレンジ上端付近でロスカットになります。

ただ、現実的には日々の値動きの中で利益も口座に貯まっていくので放置しておけばどんどんロスカットされにくくなります。

ということで、私としては推奨証拠金104万と最悪の状態でロスカットされない金額118万はさほど大差がないのでそのまま推奨証拠金を採用することにします。

 

選んだ設定からパフォーマンスを推測する。

では初期値の推奨証拠金104万で運用しているとどんなイメージで利益が出ていくのでしょうか?

未来は誰にもわかららないので過去データを少し自分なりに分析してみました。

 

豪ドル/NZドル 取引データ

 

こうしてサクッとバックテスト結果を誰でも確認できるのがトライオートFXの良さでもあります。

今回イメージを掴むために切り取ったデータは2018/1以降のものです。

 

サンプル期間

 

値動きとしては大きくもなく少なくもなくと言った印象を受けます。

この期間に初期値の8,000通貨で運用した場合と最小の1,000通貨で運用した場合でどんな取引だったかと言うと。

 

運用成績3

 

8,000通貨だと月あたり平均35回決済が成立して、実現利益は42,000円ほど。1,000通貨だと決済回数は同じで実現利益が5,200円ほどですね!

当然ですが、実現損益は発注数量に比例します。これが自動売買の良さですね(^o^)/

あくまでも過去データなので過去に取引していたらこうだったというもので、参考程度に見ておきましょう 

 

豪ドル/NZドルがレンジ相場を形成する理由。

レンジ相場になる理由

リピート系の自動売買に共通しているのは過去の値動きを参考に今後値動きがありそうな範囲に無数に注文を網目状に仕掛ける点です。

狙ったレンジでリピートすることでほったらかしでも利益がでます。

ということは、一番肝になるのは今後自分が運用する通貨がどの範囲を動くか?ですね。

 

わが家ではこのトライオートFXでの運用に関して夫婦でしっかりと議論を交わしました。

 

 

そして出した結論が以下のとおりです。

 

  • 今後も豪ドル/NZドルはレンジ相場を形成しそうだから強気の今の設定で運用する。
  • ただし、運用予定資金1,000万全てを豪ドル/NZドルに投資するのは予想が外れたときのダメージが大きい。
  • よって、運用資金の半分、500万で豪ドル/NZドルを運用する。

 

では以下でこのような結論に至った背景を整理します。

 

なぜ為替は動くのか??

FXとは言わば通貨価値の交換です。

例えばAという国の通貨とBという国の通貨があってA国の通貨が何らかの理由で買われた場合、為替は動きます。

その要因となりやすいのが政策金利です。

2018年に入り新興国通貨から米ドルに資金が流れています。それは米国が段階的な利上げを実施しているからです。

信用できる米ドルの金利が上がるならわざわざ不安を抱える新興国通貨で資産を持っていなくてもいいよね〜ってことです。

 

世界のお金の流れ

 

では豪ドルとNZドル、つまりオーストラリアとニュージーランドの政策金利ってどうなっているのでしょうか??

 

豪ドル/NZドルの政策金利と価格の関係。

時間軸を合わせた2つのデータを上下に配置します。

上が2国の政策金利で下が豪ドル/NZドルの価格チャートです。

 

政策金利と価格

 

注目したいのが2012〜2014にかけて豪ドルの政策金利が下がっている局面です。

過去10年において大きく豪ドル/NZドルのチャートがレンジから外れたのは豪ドルの利下げによるものであることがわかります。

利下げ前の2010〜2012と言うのは豪ドルの政策金利が極端に高くて全く変わらない米国の政策金利との差があったことで豪ドルが世界的に買われていました(笑)

参考までに米国の政策金利も載せたデータを載せておきます。

 

豪ドルの価格が上昇

 

以上のことから今後もオーストラリアとニュージランドの政策金利が似たような動きをするのであればレンジ相場になりやすいと予想できますね!

 

豪ドルとNZドルの同調整。

2国の特徴

 

また、2国の通貨変動が似ている要因としていくつかの要因が挙げられます。

 

① 最大の輸出国が中国である。

為替が動く要因には貿易が関係します。両国は地理的に近いだけでなく、中国をお客さんに商売をしている点も共通しています。

良くも悪くも中国の影響を両国とも受けやすいということです。

 

②政策金利の同調性。

オーストラリアが上げ過ぎた政策金利を下げた2012〜2013を除くとオーストラリアの政策金利を真似するようにニュージーランドの政策金利が動いています。

おおむねオーストラリアの方が1〜2ヶ月変動のタイミングが先行する傾向があります 

 

政策金利の同調整

 

政策金利が同じような動きをするということはどちらかに価格が動くというよりも似たような範囲を上下するレンジ相場になりやすいということです。

 

あっきんが強気な運用をする理由。

ここで少し種明かしをしておきます。

トライオートFXの自動売買セレクトが人気を集める理由は初期設定で運用しておけばそれなりの利益が出るからです。

でも気を付けてほしいのは想定レンジから外れた場合は大きな痛手を伴うということです。

私がトライオートFXのコアレンジャーの各通貨の初期設定をみた限りでは運用開始直後にレンジから外れるような展開であればロスカットになります。

ただ、運用を続ける中でそれなりの利益が出るのも事実で、運良く利益が乗った状態でレンジから多少外れるくらいならロスカットにはならないかもしれません。

 

恐らくトライオートFXで始めてFXに挑戦!という人にはここら辺りの塩梅がわからないと思います。

なのでいくつかの記事を通して詳しめにトライオートFXの特徴を解説しています。

繰り返しになりますが、運用する前に初期設定がどのレンジで注文を出すようになっているか確認することをおすすめします。

 

個別の注文内容

 

私がこのトライオートFXのコアレンジャーの各通貨毎の設定をみた所、豪ドル/NZドルに関しては今後もレンジ内で動きそうかなと感じました。

理由はこれまでに書いたとおりです。

逆に言うとそれ以外ではレンジから外れる可能性があるのでかなり怖いと感じました。

 

それは私が長年広いレンジでゆったりとした自動売買を行ってきたからです。

よくトライオートFXの方がトラリピより利益出るから好き!っていう意見をいただくのですが、それは設定の問題です。

トライオートFXの初期設定が割と狭いレンジで密に注文を出すようになっているからです。

つまりリスクをとってリターンを取りにいく設定になっているんです。

 

ただ、豪ドル/NZドルについても数年先にはレンジから外れる可能性もゼロではありません。そうなったらどうするかですが・・・

金融政策に注目しておくと割とどちらにいきそうかな〜というのは見分けやすい通貨なので上にいきそうなら売り注文を外すというカスタマイズも可能です(笑)

反対なら買い注文を外すという対応になります。こうすることで含み損が増えるのを抑えようかなと!

 

また、さらにリスクを分散させるために残る500万は米ドル/円で設定しました。

詳しい〜解説は有料マガジン【リピート系自動売買の巻】の中で書いています。

 

有料マガジン

 

ということで、長くなりましたが以上の理由から割とリスクを取った設定で走り出すことにしました。

 

ブログで実績公開!トライオートFX開始!

ということで、早速500万ほどで豪ドル/NZドルを注文しました〜👏

 

トライオートFXの設定

 

それと念の為に書いておきますが、私は500万ほどで運用しますが、トライオートFXのメリットは少額でできることです。

例えば初期設定では8,000通貨で推奨証拠金が104万ですが、1,000通貨に落とせば13万ほどになります 

 

設定変更

 

なので運用する金額そのものを抑えることで自己資金を減らすリスクを抑えることができます。

 

8/6に500万分で豪ドル/NZドルの運用を開始し、8/15に残り500万でひっそりと米ドル/円の運用を開始しました 

 

 

両建て領域にいる間は上がっても下がっても利益でるから無双状態ですね(笑)これはハマるわ〜👏

 

トライオートFX口座開設

 

運用実績についてはツイッターでマメに投稿しま〜す 

気になることがあればツイッターもしくはLINE@で聞いてくださいね〜!

 

 

 

今のところ、トライオートFXで得た利益は一定量を機械的に配当狙いのFTSE100に回して複利運用する予定です(^o^)/

 株価指数CFDとは?ダウよりFTSE100で長期投資!配当で月10万+利ざやを狙う。