積立投資の積立頻度や回数は多い方が良いの?月1回より月2回?

積立投資の積立頻度や回数は多い方が良いの?月1回より月2回?

 

こんにちはひろこです!

ひろこ

 

3月末で銀行を退職してからはや1ヶ月半が経過しました。

なかなかできなかった家の細かいところの掃除や子どもの送迎、エステ通いなどで毎日何かとやることがあります。

ですが、少しずつ生活のリズムが出てきたので私も記事を書いていきますね!

 

【質問】積立投資の回数は月1回より2回が良い?

さて、今回はakilogにいただいた質問について回答したいと思います。

あっきんはFXや仮想通貨、投資信託、ロボアドバイザーなどたくさんの積立を行っています。

どれも月1回同じ日(多少忘れることもあります)に積立を行っています。

これを見た読者さんから以下のような質問をいただきました。

 

1ヶ月3万のスワップ積立をしています。

この積立を月に2回1.5万円ずつにした場合のメリット・デメリットを教えてください。

 

参考までにあっきんがやっているFXのスワップ積立を載せておきます。リンクをクリックすると個別記事にジャンプします

 

 

このブログでも何度も分散投資は大切!時間分散は大切!と書いているので、できるだけ細かく買った方が良いのかな?と思いますよね。

 

【回答】積立頻度は月1回でも月2回でも大差なし!

FX積立投資信託のような金融商品であれば月1回買うのも月2回に分けて買うのも結果に大差はありません。

あれ?分けて買った方が有利なんじゃなかった?

あっきんは仮想通貨も積立で買う方がリスクを抑えられて良いよ〜って言ってたよね?

と疑問に思う人もいるでしょうね!

 

分けて買った方が有利かどうかは商品の値動きによって答えが違ってきます。

仮想通貨のように値動きが大きいものは複数回に分けて買った方が有利で、外貨や投信のような値動きのものはメリットはないと言えます。

 

仮想通貨で考える。積立回数は多い方が良いのか?

まずはじめに、極端な例で考えてみたいと思います。

ビットコイン(BTC)を毎日購入するのと年1回購入するのではどちらが効果的か?

 

ビットコインチャート

 

ビットコインは2017年に非常に大きく価格が変動しましたね。

ちょうど1年前の5/16は1BTCが22万円でした。それが、12月には220万円まで上昇しました。

その後はコインチェック問題やICO規制などの動きがあり、最近は80万円〜100万円程度で推移しています。

このような状況の中でビットコインの値動きを全く予想できない人が買う場合を考えてみます。

 

今が買い時だ!」と思い一括でビットコインを買った場合、どのタイミングで買ったかによって価格は大きく違います。

5月に買った人は20万円ですし、12月の出川組の人であれば最高は220万円です。

買った時期によって200万円もの価格差が出てしまいます。

では毎日買った場合はどうでしょうか?毎日購入することで購入単価は年間の平均値になりますね。

おおよそ100万円程度だと考えられます。

 

ここで、現在のビットコイン価格が100万円だったとすると買値によって次のような評価損益になります。

 

  • 5月に買った人は80万円の利益
  • 12月に買った人は120万円の損失
  • 毎日買った人は±ゼロ

 

この結果を見てどう思いますか?

積立だと機械的に毎日購入するだけで購入価格が平準化されるため、大きな損失になりません。もちろん利益もゼロです。

これからわかることは年1回よりも毎日購入した方が、平均点を取りにいっているので価格下落時に損失が少ないということです。

買い時に悩まずに済みますし、一度に大金を用意しなくても済むというメリットもあります。

デメリットは一括で安く買った人よりも利益が少ないということです。

良くも悪くも平均点を取りにいくのが積立購入なんです。

 

このようなことから仮想通貨のような値動きが大きいものであれば、損失を抑えるためには積立回数を多くした方が有利であると言えますね。

そう考えるとビットコインやアルトコインで毎日自動積立ができるのサービスが人気があるのもよくわかりますね。

 

zaifコイン積立

 

Zaif(ザイフ)で口座開設

 

 

日経平均や米ドル/円は積立回数が多い方が良いか?

では、もう少し値動きの小さい商品(日経平均や米ドル)であればどうでしょうか?

例えば日経平均株価のここ1年のチャートを見てください。

 

日経平均株価

 

一番安い時で19,300円で一番高い時で24,100円です。約1.25倍です。これは値動きとしては小さいと言えますね。

ビットコインで考えると1.25倍というと最安値65万で考えると81万になった時です。

誤差の範囲と言っても言い過ぎではないですよね!

実は日経平均のような値動きの金融商品であれば積立回数は多くても少なくても大差はないんです。

この結果は統計データで裏付けがあるので参考までに紹介しておきますね。

 

 

赤で囲んでいるのは日経平均を20年前から積み立てた場合です。

毎月の積み立てリターンはプラス51.7%で毎日だとは同52.1%。その差は1%未満で、誤差の範囲だったというものです。

表の真ん中より下は米ドル/円ですが、毎月でも毎日でもリターンの差は誤差の範囲です。

この結果が全てを物語っています。

 

まとめ。確かに回数は問題ではないけれど・・。

いただいた質問と回答をまとめておきます。

 

【質問】

FXの積立投資で月1回を2回にした時のメリット・デメリットは?

 

【回答】

メリットは結果に差がないので特になし。デメリットは少し購入の手間が増える。

 

でもどうせなら下がった時に買いたいって思いませんか?

毎月1回と決めて機械的に買っていくと、何も考えなくてもいいメリットはありますが、自分で決めるという楽しみはありません。

例えば月1回は決めた日に買うけれど、あと1回は自分が下がってると思った時に買うというようにすれば、相場を見る楽しみも増えるかもしれませんね!

投資には正解はありません。

また、相場は一方通行ではないので、一喜一憂せずに楽しみながらできれば何よりですね!

 

ひろこ

質問はLINE@やメールで遠慮なくしてくださいね!回答はあっきんとの激論の結果を踏まえて掲載していきます

 

わが家では積立投資は早くからした方がお得だと思っているのでお年玉で米国株を買っていくことにしています。

 【ブログで公開】One Tap Buy(ワンタップバイ)でお年玉を米国株に!

 

毎月の積立に回す資金は保険のムダを減らすことで生み出せることもあります。保険の見直しは3年に1度のペースがおすすめです。

 わが家が3年に一度「保険の見直し」をプロに相談する理由。