2018年につみたてNISAでランキング上位銘柄を毎月1万ずつ買っていたら?

2018年につみたてNISAでランキング上位銘柄を毎月1万ずつ買っていたら?

 

こんにちは!ひろこです。

振り返るとつみたてNISAという制度が始まって丸1年で経過したんですね。1年ってあっという間ですね!

つみたてNISAという言葉を知って、非課税だしコツコツ積立でいけば将来の備えになりそう!と思って2018年から投資を始めた人もいると思います。

このほど行われた投資家へのアンケート結果でもそれを裏付けるデータが確認されています。

 

  • つみたてNISAとイデコの利用者は半数近くが投資経験1年未満の投資初心者
  • 年代別に見ると、特に若年層で資産運用の必要性を感じると答えた人の割合が高まっている

 

資産運用「必要性感じる」が5割 20~30代がけん引 より

 

理由は何であれ、将来的には資産が増えていると思うからみんな買うわけです。では実際のところどうだったのでしょうか?

気になったのでデータを取ってみました。

また、ただ増えた減ったを見ても意味がないのでその要因について軽く触れたいと思います。今後の銘柄選びの参考にしてくださいね。

 

つみたてNISAランキング上位銘柄を2018年買い続けた結果。

私が今回データを集計したのは楽天証券のHPで公開されているランキングの中で上位銘柄で性質の違うものです。

また、こちらの記事で比較対象として選定し、実際に2018/12から積立を行っている銘柄です。

参考:【実績比較3ヶ月目】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ?

 

毎月月初めに1万円分ずつ買っていった場合に2019/1/4時点の基準価格だとどれだけの評価損益が出ているかを調べました。

比較結果は以下のとおりです。

 

2018つみたてNISA人気銘柄購入結果

 

※eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)は運用開始が2018/3/19なので9ヶ月の積立結果です。

こうしてみると一番大きく下がったのは唯一のアクティブファンドのひふみプラスですね。

反対に一番評価額が減っていないのが債券や不動産にも投資しているeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)でした。

 

それでは以下で簡単に現状について解説します。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド 積立実績

 

2018年の米国株式市場は年初長期金利の上昇で株価は大きく下げたものの、その後9月後半まではしっかりと上昇しましたね。

アメリカの経済は好調で上昇幅も非常に大きかったと思います。

おかげで年末にかけての株式相場の下落を受けても、トータルでは大きなマイナスにはなりませんでした。

 

ひふみプラス

ひふみプラス

 

日本の株式については2017年ほどの勢いはありませんでした。

日本株は中小型株式よりも大型株式に資金が流れていたので、ひふみプラスの運用成績もイマイチでしたね。

今まで上昇していたイメージだったので、ちょっと期待はずれと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、あくまでも値上がりを求めて積極的に運用するアクティブファンド。

下落局面では日経平均株価やTOPIXに連動しているインデックスファンドよりも大きく下落するのは当たり前です。

逆に上昇相場になったらインデックスよりも大きく上昇する期待は十分あります。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンド の運用実績

 

全世界株式は投資先の約半分米国株式です。

米国株式が3月以降しっかりと上昇していたので、9月にはこちらのファンドも年初の高値を超えることができました。

米国株式単独に投資しているファンドと比べると、たくさんの国が入っている分上昇幅は抑えられてしまったようです。

2018年は米国経済が好調で、米国株式市場が世界の株式相場を牽引していたので、米国単独の方がパーフォーマンスが良い結果となりました。

 

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) の運用実績

 

日本を除く全世界の株式へ投資しているファンドです。

楽天・全世界株式インデックスと比較すると、日本が入っているかいないかの違いです。

1月、2月のデータがないのですが、日本が入っていない分、全世界株式インデックスよりもパフォーマンスは若干良かったと思います。

 

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の運用実績

 

こちらはバランスファンドの典型的な値動きでしたね。複数の資産(株や債券、不動産・・)を組み合わせることで値動きの値幅を小さくする効果がしっかりと発揮されています。

しかし、積立の場合は値動きがあまりないものだと、価格が下がった時にたくさん買えるという効果が発揮できません。

株式相場が上昇してもファンドの基準価格の上昇は抑えられてしまう可能性もありますね。

 

つみたてNISAに関する口コミ。

ちょっと気になったのでツイッターで巷の声を拾ってみました。

 

 

 

 

 

 

ざーっと目を通して感じたのは意外にもみなさん評価損が出ていることに対して寛容であるということです。

積立で時間を分散して買っているのでそれほど大きなダメージを受けていないのと、投資額も大きくないのでそんなに気にならないのだと思います。

これはつみたてNISAのメリットが良くでた結果ですね。

また、最近始まった楽天カード決済で投信を買うと楽天ポイントが+1%もらえるというのもあってSBI証券より楽天証券の方が人気なようです。

 

いずれにしてもつみたてNISAは10年、20年を見据えてコツコツ続けることで資産を増やそうというものなので、自動積立で気絶投資しておけば良いと思います。

 

楽天証券で口座開設

 

 

ここでは2018年毎月積立で買っていたらというお話しをしました。最新の積立実績はこちらの比較記事に載せているので合わせてみてください。

 【実績比較3ヶ月目】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ?

 

つみたてNISAは投資の入り口だと考えています。少し余裕のある人は変動商品以外にも貸付投資という選択肢も考えてみてはどうでしょうか?

 資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。

 

楽天VTIのようなドル建て資産を買うような銘柄の場合は円高・株安のときに買っておくことも大切です。

 米国ETFは円高・株安時こそ積立るべき。理由をハンバーガーで解説する。

 

何かわからないことなどはあっきんのLINE@からでも質問箱からでも遠慮なく聞いてくださいね!

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

あっきんは主に以下の情報をツイッターで配信中です。フォローしてみてくださいね(^o^)/