【作戦変更!】トルコリラ円の100万円FX口座を損切りしました。

【作戦変更!】トルコリラ円の100万円FX口座を損切りしました。

SHARE

【作戦変更!】トルコリラ円の100万円FX口座を損切りしました。

2017年4月10日は歴史的な1日になりました。

あっきん34歳、FX歴12年目にして初めての「損切り」をしましたー!!!!!

ちょうど損切りする直前の私の100万円口座はこんな状況でした

トルコリラ証拠金状況

 

いわゆる損切りを行った結果、100万円の運用口座は86.6万円になりました。

2016年9月から約5万トルコリラを保有し続けた結果、およそ半年間で得たスワップ金利は113,787円です。

これだけみると凄い金利ですが、予想通りトルコリラ円は下落しました。それによる為替差損が246,963円です。

つまりトータルで約13.4万円の評価損ですね。うーん・・・・。

 

これまでのスワップ金利狙いの運用の反省

今日の損切りに至るまでに自らの反省をしました。そして今後の方向性について検討しています。

トルコリラ円をFXで毎月積み立てると?一括購入と比較してみた。

✔結 論

トルコリラ円はスワップ金利も魅力的だけど円高リスクがあるので積立で買う方が以下の理由により堅実!

  • 結果的に平均購入単価が下がるので評価損が少なくて済む
  • 毎月買うので一度に運用資金を用意しなくても良い
  • 評価損が少なくなるので円安に戻った時に逆に為替差益も狙える

私のスワップ金利狙いの高金利通貨買い作戦において一番の反省点は一括で買ってしまったことです。

結果的に為替差損が大きくなってしまうのでなかなかスワップと合計してプラスになりません。

これでは効率的に資金を運用できているとは言えません。

 

トルコリラ円の損切りを決断した理由

先週マネースクウェア・ジャパンが主催するセミナーに参加してきました。

 

 

そこでM2J FX アカデミア学長 吉田先生の今後の相場見通しについてお話を聞くことができました。

私が一番「なるほど!」と思ったのがトルコリラ円の買い時です。

高金利通貨は長期的に下落する。トルコリラ円についてはテクニカル面において下げ止まっていないので買い時はもう少し後だと考えます。

つまり、下げ止まった時にしっかりと買いにいけるだけの余裕資金を持っていれば、安く買えるし、後の為替差益も狙えるんですよね。

目先のスワップ金利が欲しいあまり、最初に買い過ぎたことが大きな為替差損に縛られる原因だったんですね。

私はこの日に決断しました。下げ止まってから買い直そう!と。

 

これからのトルコリラ円の運用は?作戦変更とは?

私のブログには「トルコリラ円」に関するキーワードで来てくれる人がかなりいます。やっぱりトルコリラ円の高い金利は魅力です。

当たり前ですが、スワップというのは高金利通貨を保有していなければ1円足りとももらえません。

でも買い過ぎると為替差損のダメージを大きく受けます。

もうお分かりですかね?

新しい作戦はトルコリラ円を積立で買っていくです。吉田先生の言うように下げ止まってからというのも一理あります。

でも本当に底が見極められるのか?という疑いの目も実は持っています。時間をかけてゆっくり少しずつ下落する局面だといつまで経っても買い時がこないと思います。

そこでドルコスト平均法を使うことで無理なく少しずつスワップ金利を増やしていくんです。そしてトルコリラ円の底らしき所でその時の余裕資金で一括買いします!

 

また、積み立てで毎月一定額を買っていくと一度にまとまったお金がいらないんですね(^o^)/

ということは下げ止まるまでの期間にまとまったお金で別の運用をすることもできるんですよね♬

実はそのまとまった資金の運用先もすでに決めていたりして・・・・

 

関連記事のご案内

【ブログで実績公開】毎月3万FX積立投資でトルコリラ円スワップ金利生活。