下げ相場こそ学びのチャンス!!

米国ETFは円高・株安時こそ積立るべき。理由をハンバーガーで解説する。

米国ETFは円高・株安時こそ積立るべき。理由をハンバーガーで解説する。

 

どうもあっきんです!

私は現在米国株式市場に毎月少しずつ資金を投入しています。日本円を貯めても資産は増えないからです。

どうやって投資しているかと言うと、米国株を個別に買っているわけではなく、米国株の集合体を買っています。

ETFのことですね。低コストでいくつもの米国株に間接的に投資できるのでとても便利です。

でも直接米国ETFを買うのは手間なのでロボアドバイザーでバランスを取りながら買っています。

 

米国ETFに投資し続けたけど増えない。

ウェルスナビで米国ETFを最初に買ったのは2017/3でそれ以降毎月3万ずつ自動積立で買い続けています。

2019/1/7現在の運用状況を載せておきます。

 

ウェルスナビの運用状況

 

日本円で換算すると163万投資して評価額は155万です。評価損が8万ほど出ていますね。水色の階段より上に折れ線がきている期間はプラスだったんですけどね〜。

さすがにこの米国株の調整局面でトータル損益がマイナスに転じてしまいました。

内訳(ポートフォリオ)もリアルタイムで確認できます。

 

ウェルスナビの運用実績2019/1/7

 

155万の評価資産の内、株式は上3つです。米国株、日欧株、新興国株です。損益を見ると米国株が一番評価損が少ないのでやはり優秀ですね。

増えると思って投資したのに増えないと投資経験が浅い人は同様するでしょうね〜。

米国株に投資したけど全然増えない!やっぱり別の商品にしようかな〜ってこの場に及んで売却を考えるでしょう。

でもその必要はありません。たんたんと積立投資を続けるのみですね。特に円高・株安局面はある意味ボーナスステージです。

 

米国ETFは円高・株安時が積立に最適!

株安とは株価が安くなっている局面のことです。円高とは1ドル=115円から1ドル=105円とかになる局面のことです。

株も下がるけど円高(ドル安=ドルの価値が下がる)でもある時が積立に最適なんですよね〜。

株価をハンバーガーに例えて解説します。

 

ハンバーガーの値段は1ドル固定の時。

ハンバーガー

アメリカでハンバーガーを買うときを想像してください。常にマクドでハンバーガーは1ドルで売られています。

でも日本に住む私たちが買うにはドルを調達しないと買えません。ドル円レートは毎日変化するので買うときによって必要な日本円も変わってきますよね。

1ドル=110円のときであれば110円でハンバーガー1個買えます。1ドル=120円のときであれば120円出さないと1個買えません。

グラフにするとこんなイメージです 

 

ハンバーガーの価格は固定

 

こういう動きをするなら120円の時より105円の時に買うほうが安く買えるのでお得ですね!つまり円高の時に買った方がお得ということですね!

 

ハンバーガーの値段(株価)が変わる場合。

ではアメリカのマクドが割と頻繁にハンバーガーの料金改定を行う場合を考えてみましょう。

あるときは1個=1.2ドルで売っていたのに急に高くなって1個=1.6ドルとかになるんです。

そうかと思ったら1個=1.0ドルのセールをしたりすると言う何とも優柔不断なハンバーガーショップなんです(笑)

グラフにするとこんなイメージです 

 

ハンバーガーの値段が変わるパターン

 

これを知っていれば1個のハンバーガーの値段が1.6ドルの時に買うよりも1.0ドルの時に買う方がお得ですよね!

ハンバーガーの値段を株価に例えるなら株安の時に買うほうがお得ですよね!

 

円高・株安の時に必要な日本円は?

為替レートも変わるし、ハンバーガーの値段もころころ変わる・・・。結局その時々で1個のハンバーガーを買うには何円必要なの?って話ですよね。

求め方は為替レート×ハンバーガーの価格です。

為替レートが1ドル=110円のときに1個=1.2ドルのハンバーガーを買うには110円/ドル×1.2ドルをします。

132円ですね。これらをグラフにすると一目瞭然です 

 

円高・株安局面

 

1ドル=105円のときにハンバーガーも1個=1ドルだったので105円でハンバーガーを買えましたね。まさに円高・株安時です。

株式投資は安い時に買って高く売って利益を出すものなので株安の時に買いたいですよね。

また、アメリカの株を買うときはドルで買うのでドルの調達コストが安い円高時に買う方がお得ですよね!

これらの結果からも、長期投資を前提に投資をするのであれば円高株安時にこそしっかりと日本円を米国ETFに換えていくことが大切なことがわかりましたね(^o^)/

 

なんで?

 

言い方を変えると、円安・株高(グラフの192円の時)局面でハンバーガーを買っているのにセールで安くなっている時に買わないというのはおかしな話なんです(笑)

みんな洋服とかだとセールの時に買いにいくのに、金融商品となるとお得な時に買わないんですよね〜。

これにはいくつか理由があって人間は損をすることに過度に不安を覚える性質があるからなんですって。

だから人間はそもそも投資が向かないって言われるんですね!

ということでウェルスナビで米国ETFを買っている人は気絶してそのまま投資を続けましょう(^o^)/

 

私が2017/3から実際に投資してみてどんな感じで資産が変動したかは以下のの記事でまとめています。

10万円で国際分散投資が自動でできます。

 

 

私たち一人一人が株を買うのは実は面倒なんです。なぜなら株って1株が高いからです。ウェルスナビだとみんなのお金を集めてウェルスナビが代わりに買ってくれているんです。

端株取引という1000分の1単位で株を取引できる仕組みを利用しています。

 

10万円で買える理由

 

最近の取引履歴を見ても確かに1回に買っている量は半端な0.592口となっています

 

ウェルスナビの取引履歴

 

詳しい運用の仕組みや考え方、運用実績はこちらの記事で詳しく解説しています 

評判のWealthNavi(ウェルスナビ)で17ヶ月。ブログで利回りや手数料の実績を公開! 評判のWealthNavi(ウェルスナビ)で22ヶ月。ブログで利回りや手数料の実績を公開!

 

一昔にはなかったサービスなのでまだまだ認知度は低いですが、投資のハードルをとても下げてくれた良いサービスだと思います(^o^)/

最近CMも新しくなりました。見たことあります??

 

 

ちなみに、このakilog経由でウェルスナビを始めると2ヶ月分の手数料キャッシュバックと合わせて現金1,000円のキャッシュバックという嬉しい特典があるのでぜひこの機会に〜(^o^)/

 

ウェルスナビ特別タイアップ

 

下記の口座リンクからakilog限定レポート配布用のメールアドレスを入力後に限定キャッシュバックのページに遷移します。

WealthNaviを始める

 

長期投資がいかに大切であるかは柴山さんの著書でもわかりやすく解説されています。

 

ウェルスナビの柴山さんの本読んだ。投資が下手なのは人間だからだった! ウェルスナビの柴山さんの本読んだ。投資が下手なのは人間だからだった!

 

当然ですが、株式投資は安く買っても高くなるまで待つことが大切です。

毎月一定の利益を取っていくことような金融商品が好きな私はトラリピでコツコツ資産を増やしています。

ロボアドバイザーと同じようにほったらかしでできるので2019/1/3に行った為替の暴落時でもしっかり利益を伸ばせました(^o^)/

 【保存版】FXトラリピとは?あっきんが3年以上ほったらかしで2000万も運用できる訳。