【号外】WealthNaviウェルスナビ特許取得!『リバランス機能付き追加投資』

ウェルスナビ特許取得

SHARE

【号外】WealthNaviウェルスナビ特許取得!『リバランス機能付き追加投資』

こんにちは!ともこです。

ともこ

号外です!2017年3月10日付けでロボアドバイザーを提供するウェルスナビがリバランス機能付追加投資とDeTaxで特許を取得しました!

詳細:ロボアドバイザー「WealthNavi」に関する特許取得について

 

ウェルスナビにはリバランス機能とDeTaxという2つの機能があることはすでに案内してますね。

この2つの機能で特許を取得したという事は、このサービスを受ける事ができるのウェスルナビだけという事です。

ではこの2つの機能の何がそんな凄いのかについてもう一度簡単に解説しますね!

 

リバランス機能付追加投資

保有している資産の配分を自動で見直してくれる機能。投資を続けていく中で、価格の変化により資産配分はどんどん変化していきます。それを一番最適な割合に自動で見直してくれるのがリバランス機能です。

今回特許を取得したのは、リバランス機能付追加投資ですので、積立などで追加投資していく際にもバランス配分を考えて銘柄を選定してくれる機能です。

リバランスする際には保有している資産を解約してバランスを保つのではなく、追加する銘柄で最適化して行ってくれます。

 

この機能は当たり前のようで、なかなかできない事なんです!自分で投資しようと思ったら、最初はバランスを考えて投資銘柄を選ぶと思います。

しかし運用を続けていく事でバランスはどんどん崩れていきます。そのバランスの見直しをしようと思ったら、毎日価格をチェックして売買を繰り返していかなければなりません。

そんな面倒な事は出来ませんよね。その機能を備えているという事はとてもすごいことなんです。

 

DeTAX機能

この機能は税金に関するものです。当たり前ですが、投資は利益が出たら税金を支払わなくてはなりません。

利益を確定した段階ですぐに税金は引かれてしまいます。その時いくら評価損を抱えたままのファンドを保有していたとしても、税金の支払いは必要です。

評価損とは確定して初めて損失となります。評価損を抱えている状態ではまだ損失を確定したことにはならないのです。

その後評価損を確定したら、前の利益と相殺して支払った税金は返ってきます。これをうまく利用したのがDeTax機能です。

 

では、利益が出たので、その分の評価損はすぐに確定して税金を取り戻すことが良いのでしょうか?

評価損を抱えている状況でも、そのまま保有し続ければいつかプラスになるかもしれませんよね。つまり評価損を確定して税金を取り戻す判断はとても難しいのです。

それをウェルスナビでは自動で判断して行ってくれるのだから、とても良い機能だと言えますよね。

いかがでしたか?もし少しでも興味を持っていただけたら、ウェルスナビの紹介記事も見てくだいね!

WealthNavi

ロボアドバイザーおすすめ記事

ロボアドバイザー投資はウェルスナビがおすすめ!【FPが徹底解説】

人気のロボアドバイザーを徹底比較!テオとウェルスナビはどっちがおすすめ?