【32ヶ月目】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判は?実績や利回りをブログで完全公開!

【31ヶ月目】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判は?実績や利回りをブログで完全公開!

 

資産運用はロボアドバイザーに任せれば完全に自動化できる時代です。

どのようなアルゴリズムで運用するかも公開されているので安心して運用を任せることができます。

あっきんは情報通なので今から32ヶ月前に数あるロボアドバイザーサービスの中からWealthNavi(ウェルスナビ)を選択しました。

ここではロボアドバイザーって何を自動でしてくれてやった結果どんなパフォーマンスを出しているのかなどをお届けしていきます(^o^)/

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)とは?

最近はCMでもウェルスナビが出てきます。このCMを見たことある人もいるのではないでしょうか??

 

 

ウェルスナビは一言で言うと資産運用の知識がない人、忙しい人でもすきま時間でカンタンに資産運用ができるサービスです。

スマホアプリでもできます。 ウェルスナビが6つの質問の答えから自分に合った資産運用プランを自動で提案し、ETF(上場投資信託)を通じて、世界約50カ国1万1000銘柄に投資してくれます。

 

ウェルスナビのポートフォリオ

 

ウェルスナビは証券取引所で取引できる単位に満たない端株で取引できるので最低10万円から運用を始めることができます。

10万円と少額ですが、上記ポートフォリオ図のように世界の株式・債券・金・不動産に分散投資をしてくれます。

 

ウェルスナビの自動積立

 

毎月同じ額を積み上げる自動積立なら、感情に左右されず、淡々と運用資金を積み上げられます。

月1回定額、月5回定額、複数回定額、カスタムの4コースの中から、ご希望に応じた積立コースを選ぶこともできます。

私は開始時に100万円投資し、それ以降は毎月3万円の自動積立で完全自動運用をしています。最近の履歴を見るとこんな感じで購入しています 

 

ウェルスナビの積立履歴

 

受け取った分配金は、一定額以上になると、自動で再投資してくれます。分配金を引き出さずに再投資し続けることで、複利効果による資産の成長が期待できます。

例えば10月2日の履歴を見ると毎月の3万円分の積立とは別に貯まった分配金8,303円分で新たに米国株と新興国株を買ってくれています 

 

ウェルスナビの再投資履歴

 

さらに、ウェルスナビが賢いのはリバランスまで自動でやってくれるところです。

運用により各資産のバランスが一定以上崩れた場合、また前回のリバランスから半年経過した場合にリバランスを行います。

リバランスは、値上がりして最適な割合より実際の保有割合が増えた銘柄を一部売却し、逆に値下がりした銘柄に追加投資することになります。

値上がりした銘柄について利益確定して割安になった銘柄を購入することになるので、リバランスしない場合よりもパフォーマンスが改善される可能性があります。

以下のイメージ図だと株式が値上がりして評価額が60%に増えたので10%分を売却して債券を買うことで元々の株式:債券=50:50に修正しています 

 

ウェルスナビのリバランス

 

この作業はメンテナンスのようなものでウェルスナビの場合は投資経験がなくても自動でやってくれるのでこのようなリバランスの恩恵が受けられるのは凄いことです(^o^)/

そんなに頻繁にやるものではなく、これまでの31ヶ月(約2年7ヶ月)の間に5回行われていました。最近だと9月6日に 

 

ウェルスナビのりバランス実績

 

上記履歴を見ると、下2つの値上がりした不動産を売って、株式と債券を購入したことがわかります。相場を見てこれを自分でやるのは思ってる以上に面倒ですけどね💦

※リバランスが実際にパフォーマンスアップにどれぐらい貢献しているのかを検証した記事はこちらに 

 

ウェルスナビのリバランスに効果はあったのか?ポートフォリオを調べた。 ウェルスナビのリバランスに効果はあったのか?ポートフォリオを調べた。

 

ちなみに、ウェルスナビの手数料はシンプルです。預かり資産に対して年率1.0%(税別)です。これを高いと取るのか安いと取るのかは人それぞれですね。

リバランスまでの運用ができる人は手間を惜しまなければ自分でやれば必要がない手数料です。一覧にするとこんな感じです 

 

ウェルスナビの手数料

また、ウェルスナビには長期割という仕組みもあります。運用金額が50万円以上だと半年毎に0.01%ずつ手数料が安くなります 

 

長期割の仕組み

 

長く続けていて積立投資で着実に運用元本を増やしているのであっきん口座ももうすぐ200万円を超えるので割引ペースが0.01%ではなく半年毎に0.02%になります(^o^)/

※2019/11/20現在では0.03%の割引を受けています。

 

あっきんがウェルスナビを選んだ理由。

私がロボアドバイザーサービスを選ぶときにはもちろん各社のサービスを比較しました。

当然のことながらこのウェルスナビはスペックでも申し分ないものでした。でもそれ以上に心を動かされたのは作り手の顔です。

このウェルスナビを作った柴山和久さんの思いです。最近では本も出されています。元財務相官僚がそのキャリアを捨てて作ったサービスです。

 

ウェルスナビ柴山CEO

 

マッキンゼー時代、柴山はノーベル賞理論に基づくアルゴリズム(数式)などを駆使しながら、資産規模10兆円の機関投資家をサポートしていた経験も持っています。

そんな人が金融とテクノロジーを融合させたロボアドバイザーサービスを自らプログラミングスクールに通って作ったというのは驚きです。

より詳しくウェルスナビ誕生の背景を知りたい人は柴山さんの書籍を見てください。

 

 

私がこの本を読んだ感想は以前に記事にしています。いかに人間の脳が投資に向かないかやご自身のキャリアについても赤裸々に書かれているので面白かったです。

 

ウェルスナビの柴山さんの本読んだ。投資が下手なのは人間だからだった! ウェルスナビの柴山さんの本読んだ。投資が下手なのは人間だからだった!

 

ウェルスナビ32ヶ月目の運用実績をブログで公開!利回りは?

私がウェルスナビ(WealthNavi)での投資を始めたのは2017/3/3です。

初回入金100万と毎月積立3万で32ヶ月続けた実績です。果たして2019/11/20ではどうなっているでしょうか?

 

リスク許容度は最も高い「5」で運用

リスクの高い運用はリターンも大きくなります。ウェルスナビでは5段階までプランが設定されていて、5だと一番株式の割合が大きくなります。

それだけ値動きが大きくなるので長期投資をするとリターンが大きくなります。リスク許容度が違うと資産配分がどう違うかは以下のとおりです 

 

ポートフォリオ

 

リスク許容度1だと債券だけで65%も占めています。リスク許容度5だと株式だけで82%占めています。

ちなみに、リスク許容度5で運用した場合の診断結果は30年後に投資元本1,182万が1,500万になる可能性が89%です。

 

31ヶ月目のWealthNaviの運用実績

ウェルスナビ32ヶ月目の実績

 

32ヶ月運用して投資額196万が217万にまで増えているので投資元本にたいしてプラス21の利益が出ていますね!投資額に対する評価額の利回りは10.77%ほどです(円換算ベース)

ドルベースで見ると利回りが14.71%と円ベースより高くなっているのは為替レートの影響を受けているからです。

ウェルスナビは米国のETFをドルで買っているので為替レートが最近のような106円の時より115円のような円安になった時は為替差益でも増えてくれます。

ポートフォリオ毎でどれだけ増えているかの運用実績も見ることができます 

ポートフォリオ201911

注目すべきは同じ配分で買っている米国株と日欧株のパフォーマンスの違いです。日欧株が2万のプラスであるのに対し、米国株はプラス12万と圧倒的に増えています。

つまり運用期間中に日本株や欧州株よりも米国株の伸びの方が大きかったという結果です!

 

また、資金の逃避先としてしばしば買われることが多い金(GLD)の存在感が増していることも注目しておきたいポイントです。

金は投資額が162,167円なのに対し含み益が+18,525円と高いパフォーマンスを出しています。これは暴落相場の警笛でしょうか・・・。

 

ウェルスナビ口座の資産推移を詳しく。

ウェルスナビ運用期間全部のパフォーマンス

赤い線が投資額なのでそれより上に棒グラフの頭が出ていればプラスになっているということです。ほぼプラスですね(笑)

また、表にするとわかりやすいのですが株式市場が冷え込んだとき(2019/1/19)に約6万円ほど評価額がマイナスになったときがあります。

この時は、投資額166万円が160万円になったので資産が一時的には3%ほど減った計算になります。下の表の青文字の所が元本割れした時を表しています 

 

毎月の変動

 

このあたりのどれぐらい減ってどれぐらい増えるかは始めるタイミングによっても個人差が出てきます。

ただ、10年を超えるような長期投資を前提とした投資商品なので短期的な値上がりで一喜一憂してはいけません。

 

ウェルスナビの評判はどうなのか?

ウェルスナビの評判

ウェルスナビはサービス開始から3年ほど経過していることもあってそれなりに利用者がいて良い評判も良くないという評判もツイッター上にはあります。

運用実績も見える化されていて評判も色々出ているので判断するのに十分な情報量がありますね!主だったものをピックアップしてみました。

 

ウェルスナビの実績を公開してくれてる人

2年間運用してる人で円ベースで3.19%(画像右)というところですね。2年7ヶ月運用しているあっきん口座は同じ時期で7.15%です。

 

 

こちらの方は円ベースとドルベースの推移を載せてくれています。円安になったときに解約するというのも手ですね!

 

 

ウェルスナビに否定的な評判

ウェルスナビを始めたけど辞めた!という人もいます。

 

 

 

 

やっぱり自分で銘柄選べて運用できる人は卒業していきますね。年間1%、30万円運用して年間3,000円取られる手数料を高いと捉えるか安いと捉えるかの違いでもあります。

あっきんリアル口座の分配金と手数料の実績値を紹介すると、2年8ヶ月運用してもらった分配金が7万弱で支払った手数料が4万ほどで、トータル2万ちょっとのプラスという結果でした 

 

分配金と手数料

 

ただ、手数料を支払っていることでリバランスや自動税金最適化(DeTAX)を自動で行って、利益を伸ばしてくれているのでその恩恵があることも忘れてはいけません。

 

 

ウェルスナビに肯定的な評判

 

 

 

なかなか図星な意見見つけました

 

 

長期投資とは10年以上積立を続けるような投資です。たかだか1年や2年運用して増えなかったとか言うレベルの商品ではありません。

増えないときもコツコツ投資を続けることで運用資産を増やし、少しずつ少しずつ資産を増やしていくのが長期国際分散投資の基本思想です。

何をどれだけ買うのが自分に合っているかわからない投資初心者にとってリスク許容度別に運用資産の配分を考えてくれるウェルスナビは時代にマッチしたサービスだと思いますけどね(^o^)/

 

手数料は預かり資産が増えればスケールメリットも出てくるので時間とともに安くなっていくと思います。米国のロボアドバイザーがそうなっていますからね。

あとはつみたてNISAのように利益にかかる税金が一定額なら免除になれば言うことないですけどね!

まとめるとウェルスナビのメリットはこのツイートのとおりですね

 

 

 

結局ウェルスナビは誰に向いてるサービス?

ウェルスナビは誰に向いてる?

これから資産運用を始めてみようという人には自分がどれだけのリスクを取って運用するのが最善かがわかりません。

リスクが高い運用をしてしまうと相場が崩れたときに含み損の多さに驚くことになります。反対にリスクを取らなさ過ぎてもお金を増やすという目的を叶えることはできません。

そう考えると自分にあった運用プランをたった6つの質問で診断してくれるロボアドバイザーというサービスはこれまでにない優れたものだと言えます。

また、どれだけ増えるのかですが、私はかなり長期間運用している方なので私の運用実績どおりです。リスク許容度5での運用実績です。

念の為にもう一度載せておきます。

 

ウェルスナビ運用期間全部のパフォーマンス

 

株式の割合が大きいので株価が上がった時、さらにはドル円レートが現在のような108円とかではなく、115円を超えてくるような円安になった時には円ベースでの評価額はドルベースの評価額より大きくなります。

なので人によっては当分の間、ウェルスナビでお任せ運用をしておいて相場を見て解約の判断をしようという人もいます。それも使い方としてはありかなと思います。

私の場合はブログで全て公開しているとおり、仮想通貨やレバレッジ商品(トラリピ)など投資信託よりも期待利回りが高いものに投資しているので、相場による資産の増減をマイルドにするためにもウェルスナビは外せません(笑)

そのあたりは人によって考え方が分かれるところなので実際に運用してみて、考えれば良いと思います。最低10万円から始められるのもウェルスナビの強みなので 

 

ウェルスナビタイアップバナー

 

このブログ経由でウェルスナビの口座開設申込を行い、20万円以上入金して適用条件を満たすと、最大で5万円かつタイアップ特典として1,500のプレゼントがもらえます。

 

WealthNaviを始める

 

 

投資の入り口としてウェルスナビを利用して資産の変動に慣れてくるともう少し違う運用を知っても良いと思います。私の運用状況は毎週ここでアップしています。

 

【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開! 【週次報告】11月4週目。あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

相場が下がったときでもコツコツ積立を続けて買っていくことがいかに大切かを解説した記事もあります。長期運用なのでこういうことも知っておくといいでしょう。

 

米国ETFは円高・株安時こそ積立るべき。理由をハンバーガーで解説する。 米国ETFは円高・株安時こそ積立るべき。理由をハンバーガーで解説する。

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/