あっきんも始めた株価指数CFDトラリピとは?仕組みをブログで解説!

株価指数CFDトラリピとは?仕組みをブログで解説!

SHARE

あっきんも始めた株価指数CFDトラリピとは?仕組みをブログで解説!

どうもあっきんです!

あっきん

このakilogで株価指数CFDトラリピも紹介することにしました。2017年1月に運用資金100万円で始めて順調に増えています!

FXトラリピとはまた違った楽しさがあるのでこういう新しい金融商品があるんだということも伝えていきたいと思います♬

ちなみに、あっきんCFDトラリピ口座は現状こんな感じです!FXトラリピよりとは少し違った作戦で運用していることもあって今のところは高いパフォーマンスで運用できています(^o^)/

 

 

CFDとは?

CFD取引とは、“Contract For Difference”の略。差金決済取引のことで、売買した時の利益や損失などの差額の部分だけを決済する取引のこと。 FXもCFDの一部です。 CFDでは、株価指数、先物や株式、商品先物などを売買することができる。

要するに取引が可能なあらゆるジャンルの金融商品をまとめてCFDと言うんですね。ではCFDの中でも株価指数とは何でしょうか?

 

株価指数とは?

CFDトラリピができる商品は株価指数と呼ばれるものです。一番馴染みのあるのが日経平均株価ではないでしょうか?

株価指数とは個別の企業の株価ではなく複数の株価を寄せ集めたものと考えるとわかりやすいです。その中でも東京金融取引所で扱いがある株価指数の取引のことを「くりっく株365」と呼びます。

 

くりっく株365とは?

東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称。日経平均を始め株価指数を対象とする新しい投資市場として 2010 年 11 月に誕生し、以来、順調に市場規模を拡大。

 

くりっく株365で売買できる商品は?

以下の4つの株価指数が対象。

product

 

くりっく株365で運用するメリットは?

例えば日経平均を売買しようと思うと先物であったり、投資信託で取引するイメージがあるのですが、くりっく株365で運用する良いことがたくさんあります。

  1. ほぼ24時間取引可能で祝日も取引できる
  2. 配当あり
  3. レバレッジ取引
  4. 決済期限がないので長期保有も可能
  5. 売りからも取引可能
  6. 証拠金は取引所が全額保護するから安心
 

ほぼ24時間取引可能で祝日も取引できる

例えば日経225の黄緑色の部分を見てわかるように午前8:30〜翌日の午前6:00です。

休業日は土曜と日曜ですが、日本が祝日の場合でも取引は可能です。

取引時間

 

配当がある

例えばトランプ大統領の就任により一気に価格が上昇しているNYダウで考えるとこのような配当が予想されます。

※これは最小購入単位の1枚あたりの配当相当額を示す。

NYダウ

 

レバレッジ取引が可能

レバレッジ取引とは

「くりっく株365」では『証拠金』と呼ばれるお金を投資の原資として取扱会社に預けます。この証拠金を担保にして、より大きな金額を運用することになります。このときの預け入れた『証拠金』の額に対する取引金額の倍率を「レバレッジ」といいます。

では配当の説明で出たNYダウをもとにレバレッジのイメージを掴んでみましょう。

2017/04/04時点の情報をもとにします。

取引の最小取引単位(1枚)=株価指数×100円

❐NYダウの現在のレート

NYダウのレート

❐必要証拠金

マネースクウェア・ジャパン(M2J)だと次のような必要証拠金です。

必要証拠金

つまり、今この瞬間にNYダウを1枚買うためには

本来20,618✕100=約206万円相当の資金が必要だけども、レバレッジを効かせて買うので実際には4万円で買うことができるのです。

この結果と先に示したNYダウの配当額を見比べると次のことが見えてきます。

あくまでも仮定ですが、必要証拠金4万円を預けて最小取引単位の1枚だけNYダウを買って1年間保有し続けると51,049円の配当が受け取れてしまいます。

ただし、実際には日々刻々とレートが動くのであくまでもレートが一定であればの話ですが。

 

決済期限がないので長期保有も可能

一般に取引所に上場されている先物取引では、決済期限があり、期日を迎えれば、損失が出る場合でも自動的に決済されます。

しかし、くりっく株365は取引期限がないので、反対売買をしない限りポジションは毎日自動的に繰り越されます。

いつまでに決済しなければならないというプレッシャーを感じることなく、じっくりと投資できる点も魅力です。

取引期限

 

くりっく株365なら売りからも取引が可能

まずは一般的な買いから取引をした場合を見てみましょう

buy

反対に売りから取引した場合も見てみましょう。

sell

特に2017年4月現在の相場のように長期的に見て高値圏で推移している場合においては、売りから入って利益を出せるというのはとても有利な特徴です。

 

証拠金は取引所が全額保護するから安心

たとえばM2Jで取引をした場合を考えると、M2Jは顧客から預かった証拠金の全額を、法令により東京金融取引所に預託しています。

東京金融取引所は預託された証拠金の全額を、取引所の財産とは明確に分別して管理します。

万一、当社が破たんするようなことがあっても、東京金融取引所に預託された証拠金は原則的に全額保護されます。

image

 

株価指数CFDの仕組みまとめ

ざーっと少し駆け足で説明をしました。ここまでの内容はあくまでも株価指数ってこんな商品。日経平均株価やダウに投資するにはくりっく株365だとこんなメリットがあるよという話をしました。

では、なぜFXトラリピでご機嫌で運用を続けているあっきんが株価指数CFDトラリピを始めたのでしょうか?

理由は資産を分散することで予想できないリスクに対応するためです。

有名な分散投資の例えで「ひとつのかごにたまごを盛るな」という言葉があります。大切な資金を同じかごに持ってしまうと、もしかごを落としてしまった場合、全ての卵が割れてしまいます。

そうならない為に、投資対象を一つではなく、複数の銘柄、または投資商品に分散しましょうということです。

また、私が分散投資の対象として株価指数を選んだのはくりっく株365にメリットを感じただけでなく、トラリピが使えるからです。

 

トラリピとは?どんな仕組み?

これはFXトラリピと同じです。このトラリピという仕組みを使って取引をするメリットは4つあります。

  1. 24時間売買チャンスを逃さない
  2. 相場を予想しなくていい
  3. トレード疲れと焦りから解放
  4. ほったらかしで資産運用ができる
 

詳しいトラリピの仕組みやメリットは下の動画を見るとよくわかるようになっています!5分ほどの動画です。少しBGMが流れます!スマホの人は横にして全画面で見てね♬

 

 

詳しくは:FXトラリピとは?仕組みとメリットが動画でわかる!

 

いかがでしたか?この仕組みの最大の強みは相場を予想しなくても良いことです!その証拠に私は相場を予想する知識を持ち合わせていません。

トレーダーと言いながらも相場を予想してトレードしている訳ではないんです!!!

でも、そんな私でも資産を増やすことが出来ています。特にFXのトラリピで十分にトラリピの優位性は理解できているので迷うことなくこの株価指数CFDトラリピも始めてみました(^o^)/

 

まとめ。このブログで伝えたいこと

繰り返しになりますが、私はトラリピと出会ってからほったらかしで資産運用をできるようになりました。それがきっかけで33歳で県庁を早期退職し、現在はブロガーとしてメディア運営のお仕事も出来ています!

FXに興味がある人は自動売買のトラリピをかなりの人が知っています。

ただ、CFD?株価指数?くりっく株365?という風にトラリピを使えば日経平均株価でも自動売買ができることはまだまだ個人投資家に知られていません。

ということでせっかくこんなに便利な金融商品があるんだからもっといろんな人に知ってもらいたい!という思いからこのブログで株価指数CFDトラリピとして情報発信をしていこう!と考えました(^o^)/

ちなみにFXトラリピをすでに始めている人もCFDトラリピをするには新たに口座開設が必要です!運用に興味がある人はまずは口座開設をしておきましょう!

 

株価指数CFDトラリピの口座開設

 

次の記事

CFDトラリピ設定を公開!日経225を攻略できるか!?

 

CFDトラリピ設定を公開!日経225を攻略できるか!?

 

関連記事

FXトラリピとは?1,000万貯まったので全部話そうと思う。

初めてのトラリピ設定はこれを読めばわかる!!【まとめ記事】