リスクと投資金額のバランスの取り方。

仮想通貨YUKIで北海道旅行!?ブランド牛が買える?業務提携が気になる。

仮想通貨YUKIで北海道旅行!?ブランド牛が買える?業務提携が気になる。

 

どうもあっきんです!

仮想通貨YUKIの保有数に応じてYUKIが貰えるエアドロップも無事に終了し勝手にYUKIが増えてました(笑)

保有数ランキングとかも見れちゃうところが面白いですね!

ちなみに、私もそこそこ買ってるのでまた機会があればみなさんにエアドロップしますね✨

 

こんなことを言うと将来的に価値が上がる(価値が付いてる?)かどうかもわからない電子クズもってて大丈夫って?思う人もいるでしょう。

 

私はそんな心配一切していません(笑)

理由は短期的な値上がりを期待してYUKIを買っているわけでもなく、YUKI運営である㈱Currency Designに将来性を感じているからです。

ということで、この記事では新たにYUKI運営が発表したホワイトペーパーや最近のYUKIの活動内容をまとめてみました。

会社がどのような方向性で動いているかはホワイトペーパーをしっかり読むことが大事です。ここを理解して投資判断をしましょう。

 YUKIの新しいホワイトペーパー

 

仮想通貨YUKIである必要があるのか??

仮想通貨である必要はどこに?

私はよくこんなことを考えます。

仮想通貨決済が本当に必要??セブンでコーヒー買うのにBTC払いできたらそんなに便利?SUICAとかLINEPayで良くない?

日常生活において日本に住む私たちが身近な支払いをするのであれば法定通貨で十分だと思います。

現状存在する仮想通貨だと値動きが激しいので不向きです。

YUKI運営も同じようなことを考えています。活動基本方針にはっきりと書かれています。

 

実社会において仮想通貨を肯定的に受け止める世界は非常に限定的です。

仮想通貨という視点からのみ決済等の事業提携を行ったとしても、その規模は私たちの生活に浸透するレベルには到達しないものです。

 

そしてこのような考えから活動方針を以下のように定めています。

 

YUKI を運営する企業としてはあえて「仮想通貨 YUKI」が前提とすることで諦めるような実需構築は行わない活動方針を設けました。

我々の活動において「仮想通貨」であることが障害になる場合は YUKI が常に導入可能な余地を残した形で社会経済的提携の成立を優先させます。

 

これは以前のホワイトペーパーでも色濃く書かれていた実需を意識しているからこそのものです。

ざっくり言うと、「仮想通貨を使って◯◯を実現します。」的な理想論ばかりを追求し続けても実現までに時間がかかるよねってことです。

起業間もない会社がリアルでビジネスをする人たちに振り向いてもらうためにはより現実的なレベルで相手にメリットがある話をする必要があります。

そのためには場合によってはYUKIの利用を最初は置いておくということです。

 

それでは以下で注目したいプロジェクトについて見ていきましょう。

 

地域特産品特化ECサービス「YUKI CryptoMarket」の展開

YUKI CryptoMarket

 

北海道の第一次産業は高いポテンシャルを持っています。そこで地域ならではの特産物等の生産者と YUKI ホルダーをはじめとする消費者の連携を拡大していきます。

そしてその先に見据えるのが地域特産品特化ECサービス「YUKI CryptoMarket」の展開です。

これは言わば地方の特産物に特化した仮想通貨決済が可能な楽天市場みたいなマーケットです。

販売対象地域は国内にとどまらず日本国外での販売も視野にいれているようです。

ホワイトペーパーでは『現在、本サービス開始のために必要な資格・提携等の整備を開始しました。』との記載があります!

 

北海道は農作物ひとつとってもクオリティが違います(笑)わが家では最近北海道のアスパラに脱帽しています。

 

 

こういうのも知られていけば新たな需要を生み出すことができると思うんですよね〜。

また、気になることもホワイトペーパーに書かれていました。

 

本プロジェクトにおけるYUKI保有のメリットは、他の決算手段では購入できない特別な商品やサービスの提供です。

 

これってYUKIホルダーだけが買える商品やサービスがあるってことですよね〜!!!

かなり面白い!株主優待的なイメージかなと思います。

 

ちなみに、ちなみに最近運営からはこのような発表もなされています。YUKIで旅行ができる!?

 

YUKIツアー

 

 

コードネーム「Handshake」の開発

Handshake

 

ホワイトペーパーを読むとこのハンドシェイクというプロジェクトは仮想通貨を使って決済だけでなく、イベント時の入場受付を簡単にするサービスなどを提供するようです。

ここらあたりはYUKIでというよりはIT企業としてリアルビジネスにおける諸問題を解消していこうということでしょうね。

これについてもDiscord内で気になる内容が運営から出されています。

 

ハンドシェイク

 

広告代理店と業務提携とありますね〜。詳細はこれから詰めていくのでしょうが、露出を増やすためのアプローチでしょうか。

 

On Demand TraceChain

食の安全を担保するトレーサビリティとブロックチェーンは相性が良いんですよね。

YUKIでは『TraceChain』と呼ばれるブロックチェーン技術を使ったシステムの開発を進めています。

これは食の分野だけでなく別分野でも使えるようなシステム設計を考えていて、商標登録出願の準備中とのことです。

この部分についてはどのようなアプリケーションが今後出てくるかが楽しみですね〜!

 

ブランド牛育成システム「バーチャルオーナーシップ」

これはなかなかパンチ効いてますね〜(^o^)/

食育を兼ねて自分たちが将来食べる予定の牛を生産者と一緒に育てていくというものです。

生まれたての牛を育てると2年ほどかかるので今回は先行試験として飼育途上の牛さんをということになっています。

また、今後は YUKI の独自ブランドとして乳製品やその他農産物、水産物等にも同様のコンセプトのもとでサービスを開始する準備を進めていくそうです。

 

ブランド牛バーチャルオーナーシップ

 

Discordではこんな感じでリアルな写真が提供されています。

確かにこの牛さんを食べるのか・・・と思うと考えさせられるものがありますね〜!

ちなみに、このブランド牛の名前のコンペなんかもやってたりします。

 

 

YUKIの価格が上がらない!?

YUKIが上がらない

仮想通貨YUKIは3satoshiで買えたわけですが、現状では2satoshiで売る人も出てきています。

エアドロでもらった分か3で買ったけど2で売った人でしょうね。

私は買ったYUKIはまだ売っていないのですが、とりあえず放置しておこうと思います。理由は以下のとおりです。

 

  • そもそも爆上げするような発表がまだない
  • プロジェクトは立ち上がったばかりで良し悪しを判断するレベルではない
  • もともと1,2ヶ月で上がったところを売り抜けようというスタンスで買っていない

 

YUKIは独自の経済圏を作り上げようとしています。

その過程においては爆上げして暴落するようなチャートを形成する通貨は運営としても交渉しづらくなります。

それはYUKIの上場プロセスからもそうならないように極力配慮しているのがわかります。

なので逆に短期売買をしたい人がいなくなるのを待っているではないかとさえ思ってしまいます(笑)

ということで私はYUKIプロジェクトの進捗をしばらくは静観しているつもりです。

北海道旅行のプランによっては初のYUKI決済による旅行もしてみようかな〜なんて思ってたりします。

 

YUKIの運営陣はほんまに真面目なので気になることはディスコードで聞けば普通に返してくれるので気軽に発言してみるとい〜ですよ〜(笑)

 

YUKIのDiscordはこちら

 

【10/14】YUKIのメンバーが北海道放送で番組出演!!

 

番組はYouTubeでも見れるようになっています 

 

 

いや〜楽しみですね〜(^o^)/

あっきんが仮想通貨にどういったスタンスで投資しているかを最近まとめました。全く悲観していません。

 私が仮想通貨投資を辞めない3つの理由。市場心理を分析してみた。