【解説】ゼロから始めるクロス取引(つなぎ売り)。株主優待をお得に獲得!

【解説】ゼロから始めるクロス取引(つなぎ売り)。株主優待をお得に獲得!

 

わが家は夫婦で株式や為替、投資信託や仮想通貨、ソーシャルレンディングなど様々なジャンルの金融商品で運用しています。

人生100年時代と言われるようになり、国としても現役世代のうちに資産形成に務めるよう呼びかけるニュースも出てきました。

 

 

でも金融教育を受けていない日本人にとって投資と言われてもいまいちピンとこないのも事実です。

お金でお金を増やすってやったことがないと減ったらどうしようって不安になりますよね。でもやらなきゃ資産は増えない・・・。

そんなジレンマに陥っている人はまずは株主優待のタダ取りができるクロス取引(つなぎ売り)をやってみてはどうでしょうか?

 

人気の株主優待は権利付き最終日が過ぎると下がる。

株式投資は本来値上がり益を狙って買うのですが、株主優待目当てで株式投資をする人も一定数います。

でも一般的には株主優待がもらえる権利を取得できる権利付き最終日に向けて株価は上がり、過ぎると下がります。

これだと株主優待分得をしても株価の値下がりで損をするのでやらないほうがマシですよね💦

例えばファミレスのガストやバーミヤンを運営するすかいらーくホールディングスの2018年の株価を見てみましょう。

 

すかいらーくホールディングス

 

権利付き最終日の翌日に40円ほど下がっていますね。3,000円の株主優待券を得るには100株の保有が必要です。

1,670円の株価で100株保有して40円の値下がりがあると4,000円の損がでます。

このように人気の株主優待を狙って権利付き最終日に買うと高値掴みをすることになるのが株主優待狙いの取引の注意点です。

でもこの高値掴みによる損失はつなぎ売りと呼ばれるクロス取引を行うことで回避できます。

ちなみにすかいらーくホールディングスの3,000円の株主優待券はこんな感じです 

 

 

ツイッターで調べても株主優待を上手に活用している人がちらほら見受けられます。なんか楽しそうで良いですね(^o^)/

 

つなぎ売り(クロス取引)とは?

つなぎ売り(クロス取引)は、現物の買いと信用売りを同じ株数・同じ値段で同時に行うことです。

同じ価格で買いと売りを持つので株価が上がっても下がっても損益は0円です。

これによって株価変動によるリスクがなくなるのが最大の特徴です。つまり株主優待分だけ得をするということです。

すかいらーくホールディングスの場合だとこんなイメージです 

 

つなぎ売り(クロス取引)のイメージ

 

権利付き最終日の25日の取引が始まる8:59までに100株の現物買いと100株の信用売りを同時に成り行きで注文します。

すると25日の始値で取引が成立します。

その後、権利付き最終日の翌日に現渡(げんわたし)という取引を行います。簡単に言うと買いと売りを同値で相殺する取引です。

 

クロス取引にかかる手数料は?

クロス取引の手数料

もう少し細かくクロス取引を見ていきましょう。

実際にクロス取引を使って株主優待を獲得しようと思うといくつかの手数料がかかります。

 

  • 現物取引の株式の購入代金
  • 現物取引の買い注文の手数料
  • 信用取引の売り注文の手数料
  • 信用取引の貸株料
  • 配当金受払いの差額

 

買いと売りを100株持つから購入代金も2倍かかりそうなものですが、売りは貸株料を日当たりで払うので実際には現物取引の買いの資金だけでOKです。

また、配当金を出している銘柄だと買いでは配当金をもらえるのですが、信用売りだと反対に支払いが発生します。

これらを相殺すると支払いの方が大きいので配当金受払いの差額がいくらか発生します。

 

で、詰まるところすかいらーくの3,000円の優待券を獲得するのにいくら必要か?というところですが、こんな感じです。

 

  • 必要資金:234,000円
  • 優待券:3,000円
  • 手数料:700円
  • 実質利益:2,300円

 

信用売りできる株数は権利付き最終日に近づくほど減るのでこの例では最長の13日前に注文を出した場合で計算しています。

 

つなぎ売りを繰り返すと株主優待で年利10%も可能!?

wow

つなぎ売りは制度の仕組み上、含み損を抱えるリスクがないので仮想通貨投資やFXの乱高下する相場になれているあっきんにはすごく平和な世界に見えます(笑)

もちろん銘柄を探す手間や注文を狙った日に出す手間はかかります。信用売りの株数も無限にある訳ではないので注文できないときもあります。

ただ、これらのデメリットを差し置いてもリスクを負わずに株主優待をタダ取りできるというのは大きな魅力だと感じました。

 

その上で先ほどのすかいらーくの優待を振り返ると必要資金23万円で2,300円の実質利益を手にしているわけです。

年利換算すると1%です。この取引にかかった期間は約2週間です。と、いうことはですよ。

毎月上手に銘柄を選んで渡り歩く場合、12ヶ月同じことを繰り返すと単純計算で年利12%!?2回失敗したとしても年利10%です。

リスクを負わずに年利10%ですよ!!普通に凄くないですか(笑)

 

株主優待クロス取引の知っておきたい注意点

株主優待クロス取引の注意点

あっきんがいろいろ調べた中で気づいた注意点をいくつかまとめておきます。

 

100倍資金があれば100倍優待が貰えるわけではない。

さきほどのすかいらーくの株主優待を調べてすぐに目ざといあっきんは思いました。

「これって100株とかじゃなくて10,000株とか買った優待も100倍?2週間で利益23万円やん!」

でもそうはお上が許してくれませんでした(笑)

 

株主優待条件

 

100株毎に3,000円の優待券という条件ではないんですよね。1万株持っていても最大もらえる優待は6月分だと33,000円ということです。

一番がっつりやった場合で1,000株保有すると必要資金234万で6月と12月の2回クロス取引をすると55,000円分の実質利益という計算になります。

 

優待目当てのつなぎ売り(クロス取引)は違法?

あっきんは元公務員なのでわりと法律には敏感です(笑)

これだけリスクなくできて実質株主優待のタダ取りができるって違法なんじゃないのか?証券会社は取り締まらないのかって思ったんです。

結論は違法ではありません。楽天証券でもバリバリつなぎ売りを紹介してました 

 

楽天証券HP

 

ただし、この取引に利用する一般信用取引はどこの証券会社でもできるわけではありません。メジャーどこを調べると楽天証券SBI証券マネックス証券などではOKでした 

 

株主優待券はオークションで売れる?

調べたところ、メルカリでは株主優待券の出品は禁止されていて、出品しても削除されるようです。

ヤフオクの方は規約には違反していないため調べるとズラーッと出てきます。相場としては元値の8割ぐらいですね。

以下はすかいらーくの株主優待の最近の落札相場です 

 

ヤフオク

 

できれば自分が普段の生活で使っている株主優待券の方が良いですよね!

 

一般信用取引は在庫に限りがある。

人気銘柄は争奪戦的なところもあるので一般信用取引の在庫がない場合もあります。

 

 

 

日本国内の株主優待の数には限りがあるのでクロス取引をする人が増えると競争率は高くなりますよね!

なので皆さんやらないでください(笑)

 

信用取引口座の開設が必要。

現物取引をするのに総合取引口座を保有している場合でもそれとは別に信用取引口座の開設がひつようです。

楽天証券の場合だと申込み画面はこんな感じです 

 

信用取引口座申込み

 

すでに本人確認など必要な書類は総合口座開設の時にアップロードしているので簡単にできました。

 

まとめ。株主優待のつなぎ売り(クロス取引)も立派な投資!

まとめ

株主優待の世界は投資歴13年のあっきんも初めてなのですが、調べてみてこれも立派な投資だよな〜と思いました。

しつこいようですが、本来の投資はリスクを負ったものがリターンという禁断の果実を得るもの。なのですがこれは別ですね!

クロス取り引きならお得感がありますし、優待がクオカードとかなら十分金券として利用できますしね(^o^)/

 

また投資期間が短くて済むので口座に眠っているお金を上手に使ってお金を増やすことができるというのが何とも素晴らしい点です。

投資ってチャート見ながら売ったり買ったりするだけではなくてやり方は様々です。

大切なことはお金を使ってお金を増やすということに尽きます。運用元本を増やせばより楽にお金を増やすことができるようになります。

ただそれは何もしなくてお金が増えるわけではなく、日々働いて軍資金を増やし、このような地道な投資活動が必要です。

 

特にこのような株主優待のクロス取引みたいなものは一人でやるというよりはお友達を作ってある意味お祭り的にやれば楽しくていいな〜と思っています。

そのきっかけ作りとしてこのakilog及びツイッター、インスタでも優待関連の情報をあっきんとひろこが調べてシェアしていきますね!

信用取引の口座開設ができたので近々、初クロス取引の体験記事をまずは公開します。お楽しみに!

 

一緒にやってみようという人はまずは総合取引口座と信用取引口座の準備を!

 

 

株主優待も言わば眠っているお金を作ってお金を増やす仕組みです。これとは少し毛色が違いますが、最近では貸付投資という選択肢もあります。

実はあっきんがつい最近応募したのもそれです 

 

 

資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。 資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。

 

FXでもクロス取引と同じような仕組みを使った投資法があります。もちろんリスクはありますが(^o^)/

 

【ブログで公開】トルコリラでFXスワップポイント生活!サヤ取り1ヶ月目。 【ブログで公開63日目】トルコリラでFXスワップポイントサヤ取り生活!

 

あっきんの運用は多岐にわたるので毎週この記事でまとめて運用成績をアップしています。

 

【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開! 【週次報告】6月2週目。あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/