なぜZaifトークンの価格が高騰?2018年にはNEMに移行。期待高まる。

なぜZaifトークンの価格が高騰?2018年にはNEMに移行。期待高まる。

 

どうもあっきんです!

ビットコインもアルトコインも激熱な感じの今日この頃ですが、何気に私が握りしめているZaifトークンも上がっています(笑)

Zaifトークンって使いみちないのになんでこんなに上がってんの?って思う人もいるでしょうね。

そんなあなたに読んでほしい。Zaifトークンの魅力と期待したくなる理由について超独断と偏見にもとづいて書いてみます。

 

【12/19】Zaifトークンの価格は?

 

 

注目すべきは仮想通貨投資が騒がれ始めた2017年の後半で急に爆上げしている点ですね。爆発力は折り紙つきです(笑)

なんでこんなに短期間で価格が上がるかというと主要通貨と比べて時価総額が小さいからです。

 

Zaifトークンの時価総額は?

つい最近爆上げして騒がれた仮想通貨モナコインと比べるのがわかりやすいでしょうね。短期間で同じくらいの値上り率を記録しています。

 モナコインの高騰理由は?210億トレーダーcis氏も参戦!今後の展開は?

 

時価総額を比較
  • 時価総額 = 価格 × 発行枚数
  • モナコイン = 1,660円 × 5,600万枚 = 約930億円
  • Zaifトークン = 2.95円 × 90億枚 × 3/4 =約20億円

 

※Zaifトークンは90億枚がテックビューロから発行されていて、そのうち1/4が2018年12月末までロックアップされています。

なので市場に流通しているのは最高で90億枚の3/4と考えます(実際にはその内の何割かをテックビューロが保有)

ロックアップについてはこちらに記事元を載せておきます。

 テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

 

12/19現在で時価総額が世界第32位のモナコインと比較するとZaifトークンの時価総額は約1/50ですからね。以下に小さい規模かわかりますよね!

ざっくり言うと1億円持っている人がモナコインを1億円分買うのと、Zaifトークンを1億円買うのとでは価格に与える影響が全然違います。

時価総額が小さいZaifトークンの方が上がりやすいでしょうね。

 

【12/16】Zaifトークン高騰で4.3円をつけた理由は?

 

【結論】かまいたち効果(笑)

 

 

 

かまいたちの動画は2本あります(見てね!)

 

 

 

えっ!?こんなんで爆上げするの??って思う人もいますよね(笑)

だから始めに言いましよね(笑)

Zaifトークンの時価総額はとっても小さいんです。コインチェックにあるようなメジャー通貨と比べてはいけません。

時価総額が小さいということはそれだけちょっとした材料に反応しやすいということです。

 

Zaifトークンの今後の将来性を考える上でのヒント

ツイッターを見ていると参考になる意見がたくさんあります。みんながどんな風に考えてZaifトークンを売買しているか知ることが大切です。

仮想通貨投資をしている人はツイッターをしていることも多いので市場心理を読み取りやすいという点も醍醐味ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

いや〜参考になりますね〜。仮想通貨投資はこれだから面白い。特に最後のツイートしている人と私も近い考えです。

 

なぜZaifトークンはNEMに移行するのか?

知らない人は知らないけど知っている人は知っています。ちゃんと書いています。

書いている内容をまとめると『 テックビューロ保有分の22.5億ZAIFを2018年2月中旬までにNEMプロトコルへ移行する 』ということです。

 

ZAIFトークンのロックアップ計画

 

現在、ZAIFトークンはCounterpartyプロトコル上で発行されていますが、Counterparty対応で完全に安定して、かつ容易に使用できるマルチシグのツールが存在しないため、ZAIFトークンをNEMプロトコルへ移行することを計画します。

 

プロトコル移行には、保有者に提供するためのトークンの変換ツール開発が必須となります。よってトークンの移行には一定のテストや検証が必要となるため、あらかじめ公開監査ができる状態にした上で、以下のスケジュールを以てロックアップ実施を計画します。

  • ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)。
  • ロックアップ期間:2018年12月末日まで。
  • 2017年11月末まで、公開監査できるよう、宣言したアドレスに相当数を移動。
  • 2018年01月中旬まで、エスクローのマルチシグ署名者を確定。
  • 2018年01月末まで、NEMプロトコル上のトークンへの変換ツールを提供開始。
  • 2018年02月中旬まで、ロックアップ分を、NEMプロトコルへ移行
  • 2018年02月末まで、ロックアップ分を、マルチシグのエスクローアカウントへ移動。

 

なお、本ロックアップはテックビューロ保有分のZAIFトークンに対して実施されるものであり、すでにトークンを保有する皆様の利用には一切影響がありません。

 

パソコンに穴が開くほどこの文章を繰り返し読みました(笑)

でもわかりません。なぜならこの文章には大事な部分が抜けているからです。

 

なぜZaifトークンをNEMプロトコルにわざわざ移行させてまで機能を持たせる必要があるのか?」が書いていないからです。

 

NEMという仮想通貨(ブロックチェーン技術)は十分に機能性と将来性があることは皆が知っていることです。

そのNEMに使い道がないと言われ続けてきたZaifトークンを移行させる必要があるのかがわかんないんですよね〜。

というとで、現状では私の理解はこんなものです。

 

Zaifトークンの価格が上がる仕組み。2018年も期待したい。

私はCOMSAトークンセール中のZaifトークンのあまりの不自然な安さに胸騒ぎがしたので0.5円の時に100万円と0.35円の時に70万円を投資しました。

合計で400万ZAIFを平均取得単価0.425円で買ったことになりますね。

つまるところ、この価格以下にならなければ損をしないんです。ということは、焦って4円とかで利確する必要もありません。

あくまでも私の中では余裕資金での運用なので。

 

そう考えるとわりとじっくりとZaifトークンの推移を見守ることができるんですね。で、長期的な視点で私がZaifトークンに期待する理由は以下の3点です。

 

Zaifトークンを長期保有する理由
  • 理由もなく開発費を投じてZaifトークンをNEMに移行するわけがない。
  • Zaiftトークンはテックビューロの株と同じ。上がれば会社も潤う。
  • みんなが価値に気付く前に安値で買っているので慌てて売る必要がない。

 

あっきん

付け加えると新規参入者の心理は単純です。1単位が安い通貨ほど値上り益を期待できると考えます。「BTCは200万だけどZAIFは2円?安いっ!」って感じで(笑)

 

ザイフで口座開設はこちら

 

私がZaifトークンを買った経緯の詳しい話はこちらに。

 zaifトークン価格0.5円で100万購入!今後の将来性に期待する理由とは?

 

ZaifトークンはCOMSAトークンと深い関係があります。

 COMSAトークンとは?今後の将来性・買い方・zaifトークンとの関係性は?

 

仮想通貨の話題はツイッターで