リスクと投資金額のバランスの取り方。

【保存版】FXトラリピとは?あっきんが3年以上ほったらかしで2000万も運用できる訳。

FXトラリピとは?1,000万貯まったので全部話そうと思う。

 

どうもあっきんです!

私は今から12年前にFXで相場を見ないほったらかし投資を始めました。2週間で50万を8万にするという苦い経験をした後にたどり着いた自分なりのやり方です。

その後は順調に資産を増やし続け、気がつけば30万から再始動して760万になっていました。

そんなある日書店で偶然見つけて、すぐに利用したのがFXトラリピです。

 

トラリピの教科書

 

今でもこの本は販売されていて、時期によってはトラリピの特許をもつマネースクエアで口座開設をすると無料でもらえることもあります。

 

 

この本を見てすぐに「自分がこれまで手動でポチポチやってたFXを全自動でやっててくれるのはこれだ!」と思いました(笑)

そしてすぐに口座開設をして2015年8月からトラリピでほったらかしの資産運用をしています。それから早3年が経ちました。

 

この記事ではあっきんがこだわりまくって愛用しているトラリピというサービスの仕組みやどんな考え方で使うと良いのか?などを図解しています。

きっと読み終わったあなたも使ってみたくなるでしょう(^o^)/

なお、私はブログ以外にもツイッターLINE@質問箱をコミュニケーションツールとして使っているので読んでみて疑問点があれば気軽に聞いてくださいね 

 

 

あっきんのトラリピの運用実績【全期間】

マネースクエアではトラリピの月ごとの運用実績をレポート形式で出力できます。生々しいですが見てもらった方が説得力もでるので載せておきます。

 

トラリピ2015

 

トラリピ2016

 

トラリピ2017

 

トラリピ2018

 

2015年8月に760万で始めて2018年7月末時点で1,172万になっています。この間に資金は一度も引き出しておらず、入金もしていません。

実績ベースの年利は2016年で21%、2017年で15%です。私のやり方は長期運用前提でゆったりとした運用モデルを使っています。

なので、全く相場を見ることなく、ほったらかしています。

また、私は2016年3月に11年勤めた県庁を早期退職し、現在はブログを書くことをお仕事にしています。

このakilogというブログも当時はほとんどトラリピについて書いている人がいなかったので、「こんなに便利なのにみんなが利用しないのはもったいない!」と思い書いたのがきっかけです。

関連:30代 私が公務員から転職した理由(33歳で県庁を早期退職)

 

そんな中で昨年の仮想通貨の歴史的な爆上げもあり、運良く資産を大きく増やせたのであっきんは個人事業主から法人化しています。

なので2018年8月からは法人口座の運用成績をこのブログで公開しています。

法人口座では2,000万を開始資金とし、毎月20万を加え、より収益率アップを狙って戦略的にトラリピを仕掛けています。

 

トラリピの実績(スマホ画面)

 

ちなみに私の設定はこのブログから口座開設をするとレポートとして閲覧できるので良かったら参考にしてください。

利益だけを求めるのではなく、長く相場で生き残ることを重視したディフェンシブな運用のカラクリが書かれています。

また、今ならトラリピの教科書もキャンペーン期間中なので合わせてもらえるので手にとってみてください(^o^)/

 

トラリピキャンペーンバナー

トラリピお得に始める口座開設はこちら

 

※最新のあっきんのトラリピの運用実績は週次報告記事に載っています。

関連:【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

FXトラリピとは?仕組みを完全解説!

それではここからはあっきんが自身をもっておすすめするFXのトラリピとは?を丁寧に解説していきます。

3年以上もトラリピを使い続けているので知らないことはありません(笑)

 

トラリピを動画で解説。

時間がある人は公式が出している90秒ほどの紹介動画を見てください 

 

 

トラリピはレンジ相場に使う。

現在の私は運用資金が大きいこともあり株式、為替、仮想通貨などあらゆる値動きのあるものに分散投資をしていますが、為替が一番気に入っています。

その理由はこのツイートに集約されています。

 

 

 

例えば一番馴染みのある米ドル/円の最近3年ほどの値動きを見てください。上がったり下がったりを繰り返しているだけですね。

 

ドル円チャート最近3年

 

ドル/円がなぜこのような上がったり下がったりを一定の範囲(レンジ)で繰り返すか?ですが、為替は通貨の交換に使われるからです。

特に現代はグローバルなので国をまたいだ取引(貿易)がもの凄い量でなされています。

ここでちょっと面倒なことが!国ごとに通貨が違うので自国の通貨と輸出入の相手国の通貨とを交換しなければいけません。

 

そこで必要となるのが通貨の交換レートです。

もし1ヶ月前に1ドル=100円だったレートが今日は1ドル=200円になったらどうですか?

米国で1ヶ月前に100円で買えていたコーラに200円もお金を出さないと買えないみたいな世界です。あり得ないですよね(笑)

トランプ大統領がだまっちゃいないですよね!

このような当たり前の大原則が為替市場にはあるんです。だから為替の値動きは上がったり下がったりを繰り返す傾向があるんです 

 

これが理解できるとこんな発想になりませんか?

「一定の範囲内で上がったり下がったりを繰り返すって予想できるんだったらそのレンジに注文を無数に並べておけばいいんじゃない??」

「買値より上がるまでほっといて一定の利益が出たら売って、また買い注文出しておけばコンスタントに利益が取れそう」

実はこの発想こそが私が今から12年前、23歳のときにお風呂場で思ったことなんです(笑)

 

お風呂場

 

トラリピの仕組みを詳しく。

トラリピというのはマネースクエアが2007年に特許をとった注文方法のことです。

マネースクエアの公式サイトにあるイメージがわかりやすいのでちょっと手を加えて載せておきます。

 

トラリピの仕組み(詳しく)

 

ドル/円のようなレンジ内で上下する通貨に有効で値動きがありそうな範囲に買い注文を並べておきます。

下がった時は買い注文が増えるので一時的に含み損が増えます。でもそこから上がっていくと買い注文が決済されていきます。

すると保有していた買いポジションがなくなり、含み損も大きく減少します。これを無限にリピートするのがトラリピです。

 

トラリピの頭脳!便利なシミュレーションツール。

でもこれだと「どれだけ買い注文を持ったら良いのかはどうやって決めるの?」って疑問がでてきますよね。

そこで役立つのが『らくトラ運用試算表』というシミュレーションツールです(口座開設者のみが使えます)

ちょっと使ってみましょう!例えばドル/円の長期チャートを見て95円〜110円で買いを仕掛けたら?と考えます。

 

らくトラ運用試算表

 

運用資金100万で最小発注単位の1,000通貨(0.1万通貨)を40本並べたら?というのを入力画面に入れてみました 

 

らくトラ運用試算表(入力画面)

 

すると以下のような結果が瞬時にでました 

 

らくトラ運用試算表の出力結果

 

①注文間隔は0.38円に1本で、全ての注文が成立した状態で相場が暴落するとドル/円が②81.50円になったときにロスカットというのがわかります。

また、入力画面で記入したストップロス(損切り)価格94.95円の時点で③−298,400円の含み損が出ているということもわかります。

これがあるおかげで運用を始める前に自分の設定がどれだけのリスクを負ったものか?が雰囲気ではなく、数値で確認することができます。

私のようにできるだけリスクを抑えて無理のない運用をしたいと考える人には無くてはならないアイテムです!

 

あとは得られた情報を発注画面で数箇所入力して「決定」でおしまいです(笑)

スマホの注文画面も載せておきます。PCからでもスマホアプリからでも注文することができます 

 

トラリピ注文画面

 

これがトラリピの仕組みです!

また、マネースクエアという会社はトラリピのようなシステム(テクノロジー)を使って資産運用の未来を創るという企業理念を持っているのも特徴的なところです。

ただ単にシステムを提供しているだけでなく、顧客がトラリピを使って資産を増やせるようにというところまで踏み込んだサービスを提供しています。

 

マネースクエアの理念

 

FXでトラリピを使うメリットは?

私はFXが好きなんですけど、トラリピのように誰でも無料で使えて、操作方法がシンプルかつ理解しやすい発注ツールがあるから2,000万も投じて資産運用をしています。

これは12年もFXをやってきて24時間動き続ける相場を実感してきた私だから余計にトラリピの有り難さがわかるからです。

そのように言いきれる理由をポイントをしぼってお伝えしますね!

 

働きながらでもFXができる。

私は2015年8月にトラリピに出会うまでは手動で指値注文を入れていました。

公務員なのに激務な職場にいたのでたびたび仕事に翻弄され、FXをしていることを忘れているときがありました。

すると、「注文を入れておけば利益取れたのに(泣)」みたいな取りこぼしが多々ありました。サラリーマンならではですね。

でもトラリピにしてからは取りこぼしはまずあり得ません。機械なので常に相場を監視して注文をリピートしてくれるからなんです。

 

利益が少し多く取れる『決済トレール』が使える。

これまたマネースクエアが特許をもつ『決済トレール』という機能もオンにするだけで使えます!

決済トレールを使うとどんな良いことがあるかというと、相場が勢いよく動いているときは売らずに高値まで買いポジションを持ち続けてくれるんです!

こうすることで通常だと600円ぐらいの利益のところが1,000円とか1,400円とかになります(笑)

 

決済トレールの仕組みは5分ほどの動画で解説されているので時間ある人は視聴してみてください

 

 

例えば私が9月に20万を使って仕掛けたトラリピだとこれだけ貢献してくれています 

 

 

他にも決済トレール使ってる人の感想を載せておきます。

 

 

スリーミリオン倶楽部!?

スリーミリオン倶楽部

ちょっとおまけ的なサービスなのですが、個性が強過ぎてマネースクエアの独自性がよくわかるのでここで紹介しておきます(笑)

なんと2,000万以上の現金残高と諸条件をクリアした人だけが加入できるサービスなんです!FX会社でこんなのはマネースクエアだけです(^_^;)

 

☆スリーミリオン倶楽部でできること☆

  • プレミアムデスク(運用相談 & お電話によるお取引)
  • オンラインコンサルティング &プライベートセミナー
  • 講師派遣によるプライベートセミナー
  • トラリピ運用プランご提案サービス
  • 東京スカイツリー「634」優先予約サービス
  • 東京ヤクルトスワローズ野球観戦チケット
  • その他裏メニューも・・・

 

講師派遣によるプライベートセミナーってことはあっきんワークショップにも来てくれたりするのかな・・・(笑)

トラリピ運用プランご提案サービスも気になる・・・(そりゃ〜あっきん以上にトラリピを知り尽くしているでしょうから有益な情報もらえそうですよね✨)

 

スリーミリオン倶楽部のサービスイメージ

 

実はこのサービスが使いたくて2018年8月から2,000万で運用しています(笑)

ちなみに、前の四半期で600万通貨という条件がまだクリアできていないのでまだ加入はできていません。

サービスを利用できるようになったらもちろんブログでも体験記を載せていきます 

 

トラリピにはもちろんデメリットもある。

トラリピのデメリット

実はこれまでトラリピのデメリットと言えば手数料の高さだったのですが、9/29に無料になったのでこれは消えました。

参考:【朗報】手数料が高いと評判のトラリピがついに『手数料無料』に!

 

そうなると、トラリピのデメリットは少額ではできないという点に絞られます。よくトラリピについてこんな質問を受けます。

「トラリピでFXを始めたいのですが、10万で始められますか?」

私の意見は10万でもできるけどトラリピのメリットを十分に発揮できないからおすすめしないです。

 

これを理解するためにらくトラ運用試算表を使って具体的な運用プランを考えてみましょう!

例えば米ドル/円のここ3年ほどの値動きを見て「110円〜120円の間で動きそう」と予想したとします。

 

直近3年のドル円チャート

 

FXは売り注文からも利益を出すことができるので高い価格で買わずに売る!というのは理にかなっています。

図の青い線が売り注文(1,000通貨ずつ)で、0.5円間隔で並んでいます。これぐらいならそこそこ注文が成立しそうですね。

ではこの注文を30万の資金で行うのと10万の資金で行うのではどこに違いがでるのでしょうか?

 

トラリピ30万と10万の違い

 

ロスカット(強制退場)になる価格がまるで違います。30万だと124円まで耐えられるのに10万だと115円でロスカットです!

トラリピは一時期含み損が出ても相場が動いて利益がでるまで待つことを前提にした運用方法でしたね!

運用資金10万だとその『待つ』ができないんです。これが最大のデメリットです。

 

ここでもう少し頭をひねって「10万でも注文本数を125円付近まで耐えられるように減らせば?」と考えたとします。

運用資金に見合わないほどの注文量をしていては確かにムリがありますね!

それではロスカット価格を横目に見ながら注文本数を変えてみたのが以下の比較結果です 

 

30万と10万の運用比較その2

 

結果を見るとトラップ値幅(注文間隔)が先ほどは0.50円だったのが2.00円まで広くなってしまいました。

これだと肝心のトラップ(罠)の目が荒すぎてなかなか新規注文が成立しないので現実的ではありません。

このような比較結果から10万ほどの少額ではできないこともないけどメリットが活かせないのがわかりますよね!

ちなみに、あっきんがおすすめするトラリピの最低資金は30万です。

 

まとめ。トラリピは資産運用に向いている理由5つ。

トラリピが資産運用に向く理由

 

FXを12年以上続けている私がトラリピを使って2,000万もの大金を運用している理由は以下の5つです。

 

  • レンジ相場になりやすい為替特有のクセを利用して、自動で売買できるので利益を取りやすい
  • あっきんのように広めのレンジで注文を出せばレンジから外れにくくほったらかしで投資ができる
  • 相場を見なくても良いので一喜一憂せずに済むので精神的にラク
  • 予めリスクを数値化することで、無理な運用になりにくく、見通しを立てやすい
  • 書店にあるような難しいFXのチャート分析手法を必要としないので初心者でも始めやすい

 

いかがでしたか?トラリピは手数料を無料化したことで最近特に始める人が増えています!

このakilogではトラリピを始めたい人、すでに始めている人向けに様々なコンテンツを用意しています。

ぜひ、参考にしてトラリピで資産運用を始めてみてくださいね 

運用資金が増えてもやることは特に変わらないのでまずは控えめな金額で要領を掴んでから少しずつ資金を増やしていくと自信がついて良いと思います!

トラリピキャンペーンバナー

 

トラリピお得に始める口座開設はこちら

 

これからトラリピを始める人は以下の企画で雰囲気が掴めるようになっています(^o^)/

 

 

なお、私はブログ以外にもツイッターやLINE@、質問箱をコミュニケーションツールとして使っているので読んでみて疑問点があれば気軽に聞いてくださいね